Amazonブラックフライデー開催中(12/1まで)記事はこちら

買ってよかった「デスク周りガジェット・グッズ」まとめ。Mac中心の在宅ワークデスクツアー

デスク周りのガジェットと便利グッズまとめ

個人事業主(フリーランス)として、在宅ワークを3年ぐらい続けています。家で仕事できるの最高!

そんな在宅ワークを支えてくれている「デスクそのもの」と「デスク周りのガジェット・グッズ」をまとめました。

仕事を効率よくさっさと終わらせたいのはもちろん、デスク環境の構築は自分の書斎・秘密基地を作っているような感覚があり、思わず凝ってしまいますね。

そんな「仕事の効率と、インテリアとしてのデスク」を兼ね備えた空間を紹介します。

目次

デスク環境の全体像

まず最初に、デスク周りの全体像を掲載します。こんな感じ。

デスク周りの全体像

デスクに向かって左側に大きめの窓があります。また無印良品のパイン材テーブルをくっつけて、L字デスクのように使っています。

L字デスク風の配置

メインPCは、M1チップMacBook Air。

外ではそのまま使い、家ではケーブル1本繋げば、27インチの外部モニターに出力できる環境です。

MacBook Airと外部モニター

それではデスクや椅子と、デスク周りで使っているガジェット・グッズについて説明します。

電動昇降デスク:FlexiSpot

定番どころのFlexiSpot製の電動昇降デスクを2019年2月から使っていますが、やはり座り&立ち姿勢で仕事できるデスクは良いものです。

電動昇降デスク

ボタンひとつで簡単に昇降可能。よく使う高さはメモリーボタンに記憶させられます。座ったときの高さと立ったときの高さを記憶しておけば、ワンタッチで好みの位置まで昇降できますね。

電動昇降デスクのボタン

ずっと座りっぱなしは疲れますからね。ときどき立って仕事をすると、良い気分転換になります。全身のストレッチになるような感覚で、たぶん腰や肩の疲れ・コリの予防になっているような気も。また座って立ってを繰り返すことで、集中力を保ちやすいようにも感じています。

もしこの電動昇降デスクが壊れたとしても、次もまた同じものを購入したい。それぐらい良い買い物でした。

僕が使っているモデル「E3」は廃盤になっていました。今から購入するなら、個人的には「E7」がおすすめです。

昇降範囲が58~123cmと幅広く、対応している天板幅や耐荷重も申し分ありません。スペック的に多くの人が満足できるモデルだと思います。

電動昇降デスクE7 | FlexiSpot

サブデスク:無印良品パイン材テーブル・折りたたみ式

上記の電動昇降デスクにくっつく位置に、無印良品の折りたたみ式パイン材テーブルをサブデスクとして置いています。

合わせてL字デスクのような配置にしました。

無印良品の折りたたみテーブル

電動昇降デスクが壁向きなので、無印良品デスクは窓向きに配置。

デスクの向きについて考察した記事」でも書いたのですが、窓向きのデスクはカフェのテラス席のような感覚。PCから顔を上げると外の景色が見えるため、作業していてとても気持ちがいいです。

パイン材デスク

ナチュラルブラウンの色合いで、落ち着いて作業できます。邪魔なときは折りたたんで収納できるのもGOOD。

……本当はここも電動昇降デスクにして、窓際で立って仕事できるようにしようかな?と考えてはいるのですが、部屋のスペース的に「幅80×奥行50×高さ70cm」の無印良品デスクの収まりがちょうどいいんですよね。これより大きなデスクは部屋を圧迫してしまうのが悩みどころ。もし引っ越して部屋が広くなったら、電動昇降デスクを置くかもしれません。

チェア:エルゴヒューマンプロ

すでに約10年使っているオフィスチェア「エルゴヒューマンプロ」。

リモートワーク・在宅ワークを始めたのはここ数年ですが、それ以前からPCを触るのが好きだったため(10年前からブログとかオンラインゲームとかやってたな……)この椅子を購入。以来ずっと座っています。

エルゴヒューマンプロ

特に腰を支えるランバーサポートがいいですね。自然な姿勢を保てるので腰がラクです。

在宅ワークで机に向かう時間が長いなら、ちょっと良いオフィスチェアを導入するのがかなりおすすめ。体への負担が全然違うはずです。これだけ使っても壊れる気配はありませんし、これからも僕の尻と腰を支えてくれるでしょう。

電動昇降デスクとの組み合わせで、立っても座っても快適な作業環境になりました。

フットレスト:サンワダイレクト無段階角度調節

意外と使っている人が少ないグッズ、フットレスト

足を載せることで、ふとももの負担を軽減できます。使ってみると、思った以上にその効果を感じられるはず。個人的には結構おすすめです。

フットレスト

僕はサンワダイレクトのフットレストを使っていますが、ほかのフットレストでも問題ない気がしますね。Amazonなどで検索すると、最近は低反発素材を使ったフットレストも多いようです。

メインPC:M1チップMacBook Air

2020年発売のM1チップMacBook Airを使用中です。もう各所で語り尽くされているので詳細は割愛しますが、軽くてコンパクトなのに、動画編集もできるほどパワーがあるマシン。

僕の作業内容(記事執筆・写真編集・動画編集など)では、このマシンで困ることはないですね。

M1チップMacBook Air

USB-Cポートが2つしかないところが少し不満ですが、ドッキングステーションやUSB-Cハブを使うことでカバーできています。

インテルMacだった時代はMacBook ”Pro”ユーザーでしたが、Appleシリコンが出て以来”Air”で十分だなと感じる今日このごろ。M2チップ(仮称)のMacBook Airも楽しみです。

4Kモニター:Dell「U2720QM」

Dellの27インチ4KモニターU2720QM」をメインモニターとして使用。

Dellの27インチ4Kモニター「U2720QM」

以前はフルHDモニターを使っていましたが、4Kモニターにして大正解でした。画面が精細で、文字や画像が見やすい。目の疲れが軽くなったような気さえします。

今やスマホの画面もRetinaのような高精細ディスプレイなんですから、PCの画面も4Kの高精細ディスプレイにする価値は大いにあるはずです。

高精細なディスプレイ

USB-Cケーブル1本で、映像出力とMacBookの充電(90W出力)ができるモデルを選びました。外出先で作業して、帰宅後はケーブルを1本繋ぐだけの簡単運用。ストレスフリーでいいですね。

また個人的にはウルトラワイドモニターではなく、4Kモニター派です。今のところ。

モニターアーム:Amazonベーシック製モニターアーム

上記の4Kモニターを支えているのが、Amazonベーシック製のモニターアーム

モニター付属のスタンドはデスク上のスペースをやや占領してしまいますが、モニターアームだとモニターが空中に浮くため、デスク上がスッキリするのがメリット。

Amazonベーシックのモニターアーム

正面から見ると、このようにモニターが浮いているように見えます。

キーボードやマウスを使わないときはモニターの下に収納でき、机を広々使えるのが良いですね。

モニターの下にスペースがある

モニターの高さや角度を簡単に変えられるのも、モニターアームのメリットでしょう。詳細はこちらの記事にまとめました。

ノートPCスタンド:Amazonベーシック製マウントトレー

モニターと同じようにMacBook Airも浮かせることで、デスク上をスッキリさせています。

上記のAmazonベーシック製モニターアームと組み合わせるだけで、簡単に設置可能。

ノートPCを浮かせるマウントトレー
Amazonベーシックのマウントトレー
このように浮いています

デスクをシンプル&スッキリさせたいなら、モニターやPCなど大きなガジェットを「浮かせる」ことを検討してみては?

詳しい設置方法はこちらの記事で解説しています。

ノートPCスタンド:BoYata

ノートPCを宙に浮かせるセットアップはちょっと大げさ、あるいは設置が面倒くさいと感じるなら、ノートPCスタンドが手軽でおすすめ。僕も以前はBoYataのスタンドを使っていました。

BoyataのノートPCスタンド

安定感バツグン。MacBookを載せてもビクともしません。頼れるPCスタンド。

MacBookの画面の位置が高くなるため、肩や首の疲れが軽減すると思います。

頑丈なノートPCスタンド

デスクに置いても違和感のないシルバーカラーがいいですね。MacBookにもよく合います。

モニターライト:BenQスクリーンバー

「モニターライトなんて必要?普通のライトでいいやん」そう思っていた時期が僕にもありました。

手元を程よく照らしてくれて、作業しやすいです。色温度を変更できるのもいい感じ。もちろんライトの光がモニターに映り込むこともありません。BenQスクリーンバーライト、なかなか便利なグッズでした。

BenQのスクリーンバー

モニターの上というデッドスペースを有効活用するから、デスク上で省スペースですっきりまとまります。ミニマルなデスク環境を構築したい人にもおすすめ。

デバイスの質感もいいので、常に目に入る位置にあっても気にならないですね。

夜のデスク

個人的にはワイヤレスリモコンと、背面の間接照明も良かったです。

ドッキングステーション:Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock

M1チップMacBook Airのポートの少なさを補うために購入したのが、Ankerのドッキングステーション。USB-Cハブの親玉みたいな存在でしょうか。

Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock

デジタル一眼カメラとGoProで写真・動画を撮ることが多いので、SD/microSDカードをラクに接続したかったんですよね。

加えてヘッドホンや外付けSSD、マイクなどを接続すると、これぐらいになります。

ドッキングステーションに接続

デスクトップのような拡張性をMacBook Airにプラスするアイテム。見た目も高級感があり、デスクによく馴染みます。

ケーブル整理グッズ:サンワサプライ「ケーブルトレー」

デスク天板の下に設置し、電源タップやアダプタ、ケーブルなどを載せられるアイテム。サンワサプライのケーブルトレー「CB-CTERD5」を使っています。

だらしなくぶら下がるケーブルがスッキリ。人類を悩ませ続けるケーブルの混沌からの解放に、ケーブルトレーは役立つはず。

特に電動昇降デスクは天板が上下するため、ケーブル整理が難しいんですよね。

ケーブルを短くまとめ過ぎると、天板が上昇したときにピン!と張ってしまい、昇降の妨げになります。なのでケーブル長にある程度の余裕をもたせることが必要。そういうときに、ケーブルトレーがあると便利です。

また天板の直下に設置するため、アダプタ・ケーブル類が視界から見えなくなるんですよね。煩雑なケーブルが視界から消えるだけでも、精神衛生上なんとも気持ちが良いと思います。

ケーブル類を手軽にまとめられる良いアイテムでした。

▼使っているケーブルトレー

▼以前使っていた格子状のケーブルトレー

▼サンワサプライのケーブルトレーをいろいろ比較しました

ケーブル整理グッズ:Anker Magnetic Cable Holder

マグネットの力でケーブルを保持できる整理グッズ。充電ケーブルをいつも定位置に置いておけます。

マグネットの磁力は結構強めなので、ケーブルがどこかに散乱してしまうことがなくなります。

Anker Magnetic Cable Holder

実物は思っている以上に小さいので、デスク周りに置いても邪魔になりません。

本体は小さい

ブルーを購入しましたが、今はブラックも発売されました。デスク周りをブラック系でまとめている人にもピッタリ。

デスク周りのほか、枕元などに設置しておくと、就寝中にスマホを充電しやすくなるでしょう。

電源タップ:サンワサプライ雷ガードタップ

電源タップって、意外と置き場所に困りませんか? 大きな物なので、デスクの上や足元に置くと邪魔になってしまいます。

そこでオススメなのが、マグネット付きの電源タップ

マグネット付き電源タップ

このように金属製のデスク脚などにくっつくので、電源タップ自体をスッキリ設置できます。

電源タップをスッキリ設置

電源タップって絶対に必要なグッズですからね。なるべく目立たないように設置するのがいいかと思います。

キーボード:HHKB

打鍵感に定評があるHHKB(Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S)を使用。

静電容量無接点方式による、軽いタイピング感が特徴です。底打ち感があまりないため、手と指が疲れづらいのが良いですね。

HHKBとデスク

サイズもコンパクトで、デスクに置いても場所を取りません。

またキー刻印が黒なので、見た目がうるさくないのも良いですね。その代わり夜はキー刻印が少し見づらいですが……、でもかっこいいのでOKです。

HHKBの打鍵感

無線と有線、どちらでも接続可能。有線接続であれば、キーを叩くだけでMacをスリーブから復帰させられます。これも地味に便利なところ。

合わせてパームレストもどうぞ。HHKBは少し高さがあるキーボードなので、パームレストがあったほうが打ちやすいと思います。

マウス:MX MASTER 3 for Mac

ロジクールのハイエンドマウス「MX MASTER 3」のMacバージョン。

マウスらしいクリック感が心地よいですね。素早いスクロールを可能にするホイールも便利です。

MX MASTER 3 for Mac

MacBook Airを単体で使うときはトラックパッド派なのですが、家でMacBookをデスクトップ化して使うときはマウス派。

MacBookって、キーボードとトラックパッドが上下に配置されてますよね。この上下配置は操作しやすいです。しかしMacBookをデスクトップ化した際、外部キーボード&トラックパッドを左右に配置するのは少し苦手です……(わかる人いるでしょうか笑)。

左右に配置するならキーボードと”マウス”のほうが操作しやすい、と個人的には思っています。本当に個人的な感覚に過ぎませんが笑

ロジクールのマウス

マウスであっても、Mission Control・バーチャルデスクトップ・Launchpad・アプリケーションExposéといった、Macならではのジェスチャー操作が可能。Macらしさをスポイルしません。

マイク:SHURE MV7

SHUREのダイナミックマイク「MV7」を使っています。

見た目がシンプルでかっこいい。もちろん音質も申し分ないです。

SHURE MV7

マイクアームでぶら下げて、YouTuber・配信者みたいにしました。モニターとMacBookを浮かせたように、マイクも浮かせるとデスク上がスッキリしますね。

マイク込みのデスク全体像
マイク込みのデスク全体像

マイクアームはとりあえず安くてシンプルなものを買いました。使用上はまったく問題ないのですが、よくよく調べてみるとロジクールのマイクアーム「G Blue Compass」なんてめっちゃかっこいいですね……。デザインだけで買い替えを検討してしまうレベル……。

充電器:Anker PowerWave+ 3 in 1 stand with Watch Holder

iPhone・Apple Watch・AirPods Proの3台を同時充電できるAnkerの充電器。どれも置くだけで充電できます。

特に便利なのは、AirPods Proのワイヤレス充電ができる点。ここを定位置にすれば、いつでもフル充電が保てます。

Anker PowerWave+ 3 in 1 stand with Watch Holder

3台も充電できるとは思えないほどコンパクトで、デスク上でも場所を取りません。

結構コンパクト

iPhoneの充電に関しては、MagSafeではなくQi充電なので、充電スピードはかなり遅い(最大7.5W)ですね。なので一応、急速充電(18W以上)が可能なUSB-C to Lightningケーブルも用意しています。

何よりもワイヤレス充電は、わざわざケーブルを挿す手間さえ省ける手軽さが良いですね。

スマートスピーカー:Echo Show 5

Amazonのスマートスピーカー「Echo Show 5」をデスクに置いています。

デスク上のEcho Show 5

主に「卓上時計・日付確認カレンダー・タイマー・BMG再生・Amazon荷物到着日の通知」用のマシンと化していますね。スマートスピーカーで出来ることはほかにもいろいろありますが、だんだんこれぐらいに絞られてきました。

それでも声だけで操作できるので、あれば便利ではありますね。

テープライト:Tapo L900-5

決して必須ではないのですが、あったらあったで面白いグッズ。

部屋の模様替えって大変ですが、色を変えるだけなら簡単。そのときの気分に応じて、青・赤・緑などに色を変えてみると、結構いい気分転換になりますね。

Tapo L900-5

デスクの縁に貼り付けるだけなので、設置も簡単。

当記事の中では唯一のメーカー提供品なのですが、デスク周りにぴったりの製品だったのでピックアップしました。

ノートPCの冷却:卓上扇風機

夏の話ですが、ノートPCが熱くなって困ったら試してみてください。めちゃくちゃ安直な方法ですが、効果バツグンです。

ノートPCの横から卓上扇風機の風を当てるだけ。これでかなり冷えます。

卓上扇風機

ノートPCの下に敷くクーラーもありますが、たぶんこのちょっと原始的な方法のほうが冷えるはずです。ただし、風を直接送るぶん、書類が飛ぶなどのデメリットもありますが……。

Appleシリコン(M1チップ)になってから、発熱はかなり抑えられるようになりました。しかし、インテルCPUのMacもまだまだ現役。夏の発熱をしっかり冷やすななら、卓上扇風機は結構おすすめです。

ゲーム機:PS4

PS4でFPSゲーム「Apex Legends」をやっています。でもそろそろPS5かゲーミングPCが欲しいですね……笑

上記で紹介したDellの27インチ4Kモニターを、ゲームでも利用。PS4を出力するとフルHD解像度になってしまいますが、普通にゲームを楽しむ程度であればまったく問題ないですね。

PS4でApexをやる

縦置きスタンド買ったら、PS4を省スペースに設置できてかなり良い感じでした。モニターの後ろにPS4を立てて設置しています。

縦置きのPS4

使っている縦置きスタンドはこちら。

実はゲーミングPCがなくても、MacでPCゲームを遊ぶ方法があります。無料でApexをプレイできました。

これから欲しいデスク周りのガジェット・グッズ

デスク環境の構築は終わらない……! まだまだ欲しいものがあります。

必要か否かは一旦置いといて、願望多めで書かせてください。

縦置きのモニター

最近、縦置きモニターがあると便利では?という思いに駆られています。

基本的に記事を書いたり文章を読んだりすることが多いので、そうなるとスクロール量が少なくて済む縦置きが合理的のような気がします。24インチぐらいのモニターを右側に置いてみたい……。

縦置きモニターを置きたい

でもM1チップMacBook Airは、1枚の外部モニターにしか出力できないんですよね。14/16インチMacBook Proは2枚の外部モニターに出力できるようで……悩ましい(笑)

ゲーミングPCとゲーミングモニター

ここ数年のおうち時間に伴い、ゲーミングPCがものすごく売れているとか。

僕も家にいる時間が長くなり、PS4のApexに手を出したクチ。ゲーミングPCではApex LegendsとVALORANTをやりたいです。合わせて240Hzのゲーミングモニターも欲しいですね。高フレームレートのぬるぬる映像は、ゲーミングPCならでは。

ゲーミングPCのイメージ写真
イメージ写真です
Photo by ELLA DON on Unsplash

とはいえMacも使い続けたいので、そうなるとゲーミングPC用のデスクとチェアをもう1セット用意するか……!? 楽しい悩みは付きません。

MagSafe対応の3 in 1充電器

MagSafeの15W充電ができ、加えてApple WatchとAirPods Proも同時に充電できる3 in 1充電器が欲しい……。

今のところBelkinの製品が最有力候補でしょうか。デザインもいいですね。ただ絶対必要かと言われれば絶妙ですし、価格もそれなりなので、ずっと悩んでいます。

デスク天板

現在は、FlexiSpotの電動昇降デスクに付属していた天板を使っています。しっかりとした作りで質感も良く、普通に使うぶんにはまったく問題ありません。

ただちょっと赤みがかっているので、もうちょっとダークブラウン寄りの色味だったらいいなと、ずっと思っていました。

デスク天板を交換したい

自分でオイル塗ってDIYするか、天板販売でよく見る「かなでもの」で購入するか……迷いますね。天板の交換ってわりと大変な作業なので、なかなか手を出せていません。

ガジェット&グッズまとめデスクツアー

デスクツアー

というわけで、デスク周りで活躍しているガジェット・グッズの紹介でした。何かしら、みなさんのデスク構築のヒントになればうれしいです。

現状、満足度は高いですが、これからもどんどん変化していくと思うので、更新したらお伝えします。もし良かったらTwitterInstagramのフォロー、Feedlyの登録等よろしくお願いします。


デスク周りの記事はこちらも。

デスク周りのガジェットと便利グッズまとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
目次