「MX MASTER 3 for Mac」と普通の「MX MASTER 3」、どちらを買うべきか考察。僕はfor Macを買ったけど…

MX Master 3はどちらを買うべきか考察

僕は10年来のMacユーザーで、日々「MX MASTER 3 for Mac」を使って仕事しています。使用感は『Mac専用、ロジクールのマウス「MX MASTER 3 for Mac」レビュー』で詳しく書いたので、よかったらどうぞ。

で、この「MX MASTER 3 for Mac」を買う前に迷ったことがありました。

「MX MASTER 3 for Mac」 と 「for MacじゃないスタンダードなMX MASTER 3」、どちらを買うべきなのか!?

これです! 両機種の違いは一体何なのか。Macユーザーはどちらを買ったほうがいいのか。迷いながら結局「for Mac」を購入しましたが……。

MX Master 3 for Mac

僕はfor Macを買いました

実際に「MX MASTER 3 for Mac」を使った今だからこそわかること、どちらを買うべきなのか思うところを記載します。僕と同じように迷っている人の参考になれば。

目次

「MX MASTER 3 for Mac」と「MX MASTER 3」の比較表

MX Master 3 for Mac

これはMX Master 3 for Mac

「MX MASTER 3 for Mac」と「MX MASTER 3」の比較表を載せます。

比較対象として、旧モデルの「MX Master 2S(MX2100CR)」も表に加えています。

※横スクロールできます

MX MASTER 3 for Mac
(MX2200sSG)
MX MASTER 3
(MX2200sGR/MX2200sMG)
MX Master 2S
(MX2100CR)
ボタン数 7個 7個 7個
Logicool Flowの対応 対応 対応 対応
レシーバー(Unifying)の付属 無し あり あり
端子 USB-C USB-C Micro-USB
対応OS macOS/iPadOS
(実はWindowsでも使える)
Windows/macOS/iPad OS Windows/macOS/iPad OS
1回の充電で使える時間 最大70日間 最大70日間 項目
カラー スペースグレイ グラファイト/ミッドグレイ グラファイト
価格 14,850円
Amazon価格:13,500円
14,850円
Amazon価格:13,500円
12,880円
Amazon価格:約9,700円
販売サイト Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場

これらの機能差などを踏まえ、どんなユーザーにはどちらがオススメなのか記載してみます。

先に個人的な結論を書いておくと、

「どちらを買っても大丈夫。特にMacユーザーがスタンダードなMX Master 3を買っても大丈夫。」

むしろUnifyingレシーバー付属だしカラーラインナップも選べるし、スタンダードなMX Master 3良いのでは!?

といった感じ。詳しく説明します。

「MX MASTER 3 for Mac」と「スタンダードなMX MASTER 3」、どっちを買うべき?

HHKBとMX Master 3

まず大前提として、両モデルとも対応OSはほぼ同じなんですよね。「for Mac」でも「スタンダードなMX Master 3」でも、Windows/Mac/iPad OSで利用できます。

両モデルとも、Windows/Mac/iPad OSで使える

じゃあ一体何が「for Mac」モデルなんだ?という疑問が出てきますよね。

「for Mac」モデルは、Bluetoothの接続性とカラーがMac/iPad OSに最適化されているんだそうです。

「for Mac」モデルはMac向けの最適化が施されている
  • Bluetooth接続が最適化
  • iPad OSにも最適化
  • カラーが最適化

とはいえ。この接続性の最適化が、体感できるほどかどうかはかなり微妙なところだと思います。

「スタンダードなMX MASTER 3」をMacで利用しても、おそらく非常にスムーズな動作となるでしょう。特に困ることは無いと思います。

カラー最適化については、ただMacに合うスペースグレイが用意されているというだけ笑。スペースグレイのMacBookをお使いで、統一感を出したいなら「for Mac」はアリです。

MX Master 3 for Mac

for MacはBluetooth接続やカラーが最適化されている、らしい

ということで、まず1つ目の選択基準としては「メインマシンはどちらか?」で考えて問題なさそうです。

メインマシンがMac、あとiPadも頻繁に使う人
 
「for Mac」モデルが良さそうです。僕もメインマシンがMacなので、「for Mac」モデルを選びました。
 
今はMacユーザーだけど今後はWindowsも使うかも! という人も「for Mac」モデルで問題ないでしょう。 for Macと言いつつWindowsでも使えますからね。
メインマシンがWindowsの人
 
「スタンダードなMX MASTER 3」で問題なさそう。
 
今はWindowsユーザーだけど今後はMacも使うかも! という人も、「スタンダードなMX MASTER 3」で大丈夫そうです。Macでも使えますからね。

……でも、この記事を読んでいる人は、ほかのことで迷っている気がします。

例えば、Macユーザーなんだけど、カラーが豊富でUnifyingレシーバーも付属している「スタンダードなMX MASTER 3」のほうが良くない? なんて思っているのでは?

「Unifyingレシーバー」の有無で選ぶ

「スタンダードなMX MASTER 3」には、Unifyingレシーバーが付属しています。なぜか「for Mac」モデルには付属していません


Unifyingレシーバーとは……
PCのUSBポートに挿すことで、各ロジクール製品とのワイヤレス接続を可能にする小型レシーバー。これ1つで最大6台のロジクール製品(キーボード等も含め)と接続可能になります。

「for Mac」と「スタンダードなMX MASTER 3」は同じ価格ですが、Unifyingレシーバーが付属しているのは「スタンダードなMX MASTER 3」だけです。

だったら「スタンダードなMX MASTER 3」のほうがお得じゃん!と思う人も多いのでは。

例えば今後、自作PCを組んでMX Master 3を使うといった検討しているなら、Unifyingレシーバー付属の「スタンダードなMX MASTER 3」を買っておくのが良いかもしれません

Unifyingレシーバーは約1,200円で別売りされていますが、どうせなら付属している「スタンダードなMX MASTER 3」のほうがお得ではあります。

また上述したとおり、「Mac + スタンダードなMX MASTER 3」の組み合わせでも、困ることはまず無いと思われます。一応「Unifyingレシーバー」も欲しい人は、「スタンダードなMX MASTER 3」を購入しておくのが良いかも

カラーで選ぶ

「スタンダードなMX MASTER 3」のほうが、カラー展開が豊富。

例えば「ミッドグレイ」というホワイト系モデルが展開されています。なかなか良い色ですよね。

グラファイト」は道具感のあるブラックグレー系で、個人的には結構好き。

一方、MX Master 3 for Macは「スペースグレイ」の1色展開。まさにMacに合うスペースグレイといった印象で、道具の統一感を出したいならアリ。

「MX Master 3 for Mac」の色はスペースグレイ1色展開

いやいやスペースグレイ1色展開って……、シルバーのMacBookを使っている人もいるんですが?笑

シルバーのMacBookに合わせるなら、「ミッドグレイ(ホワイト系モデル)」が良いかもしれませんね。Macユーザーであっても、色の統一感を重視して「スタンダードなMX MASTER 3」を選ぶのもアリでしょう。

ほんと繰り返しになっちゃいますが、いくら「for Mac」モデルがMacに最適化されているとはいえ、「スタンダードなMX MASTER 3 + Mac」の組み合わせで困ることはまずないと思います。だったら色の統一感を大事にするのもアリだと思いますね。

旧モデルの「MX Master 2S(MX2100CR)」も、価格を抑えたいならアリかも

旧モデルの「MX Master 2S(MX2100CR)」は、少しでも費用を抑えたいならアリかと思います。

Amazon価格で「MX Master 3」が約13,500円に対し、「MX Master 2S(MX2100CR)」は約9,500円ほど。約4,000円ぐらい安いです。

また「MX Master 3」の充電端子はUSB-Cですが、「MX Master 2S(MX2100CR)」はMicro-USBです。

これも特に気にならないのであれば、「MX Master 2S(MX2100CR)」でも良いかもしれません。

まとめ:Macユーザーが「スタンダードなMX MASTER 3」を買うのも大いにアリ

MX Master 3とデスク環境

結論的なことをまとめると、


「MX MASTER 3 for Mac」と「スタンダードなMX MASTER 3」、好きなほうを買って大丈夫。
 
「Unifyingレシーバー」も欲しいなら「スタンダードなMX MASTER 3」のほうがいい!

という身も蓋もない結論になりそうです。

Macユーザーなら「for Mac」を買うべき、とは言いづらい。一方Windowsユーザーならそれほど迷わずに「スタンダードなMX MASTER 3」を選べそうですが。

というわけで、主な選択基準はこのあたりになりそうです。

「MX MASTER 3 for Mac」と「スタンダードなMX MASTER 3」、選ぶときの選択基準

  • メインマシン(Windows/Mac)で選ぶ
  • Unifyingレシーバーの有無で選ぶ
  • カラー展開で選ぶ

特にMacユーザーが、「Unifyingレシーバー欲しい!ミッドグレイの色がいい!」となったら、「スタンダードなMX MASTER 3」を選ぶのも大いにアリ。というのが結論。

僕はスペースグレイのMacBookユーザーなので「for Mac」モデル買いましたけど……、うーんどうせならUnifyingレシーバー付属のスタンダード版でも良かったかなぁ……なんて思ったりしています汗。

もちろん「for Mac」モデル自体に不満はないのですが、どうせならUnifyingレシーバーも一応欲しいじゃん的な。というのも、動画編集を始めてから今後はパワーのある自作PCを組むかもしれないなぁ……なんて思ったりするわけで。そんなときのために自作PCとも接続しやすい「Unifyingレシーバー付属のスタンダード版」を買っておけば良かったかな?なんて今さらながら思ったりします。

MX Master 3 for Mac

「for Mac」モデルがあることで選択が難しくなっている気がしますが、「MX Master 3」自体は素晴らしいマウスです。

マウス自体は良さは『Mac専用、ロジクールのマウス「MX MASTER 3 for Mac」レビュー』の記事もご覧ください。さすがハイエンドマウスという操作感で作業も捗る。

この記事があなたに合った「MX Master 3」を選ぶ参考になれば幸い!




 

「MX MASTER 3 for Mac」のレビュー記事はこちら!


 

キーボードも合わせてどうぞ


 

MX Master 3はどちらを買うべきか考察

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次
閉じる