ノートPCを宙に浮かせる。 Amazonベーシック製「ノートPCマウントトレー」と「モニターアーム」レビュー

ノートPCを空中に浮かすアイテムレビュー
Amazoキャンペーン開催中2022/09/28 更新

Kindle Unlimited で『東京喰種トーキョーグール リマスター版(全14巻)』が全巻読み放題に!

Kindle Unlimited無料体験


音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited最大4ヶ月無料キャンペーン中!

Amazon Music Unlimited無料体験


ロマン重視かと思いきや、意外と実用的で侮れない。

ノートPCを空中に浮かせて保持するアイテムを導入しました。Amazonベーシックの「モニターアーム」と「ノートPC用マウントトレー」です。どちらもAmazonベーシックなので、相性はバッチリ。

ノートPCを宙に浮かせることでデスク上が広々と使え、スペースを有効利用できます。あと単純にカッコいい……!

【関連記事】
MacBookをクラムシェルモードで使わない理由。開いて使う理由

目次

ノートPCを空中で保持。Amazonベーシック製「モニターアーム」と「ノートPCアームマウントトレー」

まず完成形をご覧ください。

このようにノートPCを空中に浮かせることができます

ノートPCを空中に浮かせるアイテム
ノートPCを空中に浮かせるアーム

これはロマンだ!カッコいい……

もちろん実用性もあるのですが、必要かどうかは一旦棚の上にぶん投げましょう。とりあえずカッコいい!

デスク環境
右がこの記事で紹介するノートPC用モニターアーム
ノートPC用マウントトレー
ノートPCを空中で保持するトレー

設置もかんたん

必要なのは、Amazonベーシック製の「モニターアーム」と「アームマウントトレー」です。

どちらもAmazonベーシック製なので、ネジ規格や相性はバッチリ。この2つだけで簡単に設置できます。

ひとつずつ順番に説明します。

Amazonベーシックのモニターアーム

モニターアームの設置はとても簡単。それほど説明することはなさそうです。

土台部分をクランプでデスクに挟んで……

Amazonベーシック製モニターアームの土台
Amazonベーシック製モニターアームのクランプ
クランプで挟むだけ。固定は簡単。

アームをはめるだけ。非常に簡単です。

この正方形の部分に、ノートPCマウントをネジ止めするだけです。

Amazonベーシックのモニターアーム
この正方形の部分にノートPCマウントを取り付ける

完成形はこう!

Amazonベーシック製モニターアームとノートPCマウント
ノートPCマウントトレーを装着

モニターアームの可動領域やサイズ感については、こちらの記事で詳しく触れています。

Amazonベーシックの「ノートパソコン用マウントトレー」

「ノートパソコン用マウントトレー」について、もう少し詳しく紹介します。

付属品は、マウントトレーとネジ類がいろいろ。

Amazonベーシックのノートパソコン用マウントトレー

マウントトレーは、1枚の鉄板を鋭角に折り曲げたようなかたち。

重さは約1kgあり、なかなかずっしり。

Amazonベーシック製ノートパソコン用マウントトレー

滑り止めのゴムが付属していました。

滑り止め用のゴム

両面テープで、マウントトレーについて貼り付けます。

AmazonベーシックノートPC用マウントトレー
滑り止めのゴムが付属

またノートPCが滑り落ちないように、先端にはストッパーも付いています。

Amazonベーシックのノートパソコン用マウントトレー

13インチMacBook Pro を載せてみました。

Amazonベーシックのノートパソコン用マウントトレー

ノートPCのサイズに応じて、ストッパーの長さは簡単に調整可能。

実際、13インチだとまだまだ余裕がありました。15インチぐらいでも余裕ではないでしょうか。

Amazonベーシックのノートパソコン用マウントトレー
ストッパーの長さは簡単に調整できる

さっそく、上記のAmazonベーシック製モニターアームに装着。付属のネジで固定するだけ。

Amazonベーシック製のモニターアームとマウントトレー

裏から見るとこんな感じ。

しっかりと載っていて、不安定な様子はありません。

ノートPC用マウントトレー

ノートPCを空中に浮かせるメリット

「ノートPCを空中に浮かせてどうすんだよ」という声が聞こえてきそうなので、メリットをまとめます。

メリット
  • デスク上が広く使える
  • 上下左右、ノートPCの位置を自在に調整できる
  • 画面を目線の高さに合わせば、姿勢が良くなる
  • スタンディングデスクのように使える
  • ノートPC以外にもタブレットなどいろいろ置ける
  • MacBookをクラムシェルモードではなく、開いて使いたい

デスク上が広く使える

ノートPCが空中に浮くので、デスク上が広く使えます。この写真のように、浮かせたノートPCの下にマグカップを置いたりするスペースがあります

MacBookとモニター
デスクが広く使える

掃除もしやすい。ノートPCの下をサッとひと拭きすればすぐに綺麗。

デスクが綺麗ですっきりしていると、精神衛生上けっこう良いんですよね……! すっきりしているデスク、思っている以上に気持ちがいいものです。

上下左右、自在に動く

Amazonベーシック製モニターアームで支えているので、上下左右に自在に動かせて、好きな位置でホールドできます。

このようにデスク天板付近までグッと下げられますし、

ノートPC用マウントトレー
ノートPCを下げた状態

逆に高い位置でホールドすることもできます。

一般的にデュアルモニタを構築するときはモニターを左右に並べることが多いですが、このように高い位置で保持すると、上下でデュアルモニタを構築することも可能です。

ノートPCを空中で保持するグッズ
ノートPCを上げた状態

画面を目線の高さに合わせば、姿勢が良くなる

画面を目線の高さに合わせれば、姿勢が良くなり、首・肩コリの予防にもなりそうです

ノートPC用スタンド
ちょうどいい高さに調整しやすい

以前紹介した「ノートPCスタンド」の記事でも同じことを書いたのですが、ノートPCをデスクに直置きした状態で仕事すると、どうしても猫背になりがち

しかしノートPCの画面の高さを上げることで、姿勢良く作業できるようになります。長時間のデスクワークではかなり重要。

さらに、ノートPCを高く持ち上げるとスタンディングデスクのようにも使えます↓

スタンディングデスクのように使える

高さを調整すれば、立ち姿勢のままノートPCを操作できます。いわゆるスタンディングデスクのように使えるわけですね。

ノートPCマウントトレーで立ち仕事
立ち姿勢でPCを操作できる

よく考えてみれば、デスクごと上昇させる必要はないのかもしれません。このようにノートPCだけ上昇させれば、スタンディングデスク的に利用できます

ただし空中に浮いているので、タイピングするとそれなりに揺れます。このあたりはタイピングの強弱や作業内容に左右されますね。タイピングが力強い人、タイピング量が多い仕事の人には向いていないかもしれません。

個人的には静かにタイピングすれば意外と使えるじゃん!という印象ですが、まぁ使う人を選ぶデスクセットアップではありますね。

ノートPC以外にも、タブレットやモニターなど好きなモノが置ける

ノートPCだけではなく、タブレットなど色々なデバイスを置くことができます。

これは10.5インチのiPad Proを置いてみたところ。

iPadを空中に浮かすマウントトレー

ちなみに耐荷重にもかなり余裕があります。

Amazonベーシック製モニターアームの耐荷重が最大11.3kg。マウントトレーが約1kgなので、まだ10.3kgほど余裕があります

もともとモニターを支えるためのアームを利用しているので(大きいモニターは5kgあることもザラ)、ノートPCやタブレットを載せる程度なら耐荷重は余裕すぎます

MacBookをクラムシェルモードではなく、開いて使いたい

個人的に、MacBookはクラムシェルモードにせず、開いて使う派です。

MacBookを開くと置き場所に迷いますが、浮かせるとデスク上がすっきりして良い感じ。

MacBookを開いて使いたい理由は以下。

  • Touch ID(指紋認証)を使いたい
  • デュアルモニター(サブモニター)として使いたい
  • Webカメラを使いたい

「クラムシェルモードで使わない理由・開いて使う理由」について、詳しくはコチラの記事にまとめました。

ノートPCを空中に浮かせてみてわかった注意点

ノートPCを浮かせると使いづらい点が出てくるのも事実なので、注意点も書いておきます。

注意点
  • 外付けキーボードとマウスが必要かも
  • 充電ケーブルが垂れ下がる

外付けキーボードとマウスが必要かも

上述したスタンディングデスク的に使うなら不要ですが、座り姿勢のときは外付けキーボード & マウス(トラックパッド)を使うのが良さそうです。

腕を伸ばして空中に浮いているノートPCを操作するのは大変すぎますからね。腕が疲れる……。

HHKBとMX master3

僕はキーボードは「HHKB」、マウスは「ロジクール MX master3」を使っています。

また外部モニターに接続して、ディアルモニタ化するのもオススメ。

僕はDELLの27インチ4Kモニターを使っています。

MacBookとモニター

充電ケーブルが垂れ下がる

ノートPC用スタンド

どうしても充電ケーブルが垂れ下がってしまう……。

うまくケーブルを取り回せるように、配線を工夫しましょう。

僕の使い方とデスク環境

「さっきからお前のデスクどうなってるの?」って感じだと思うので、もう一度、全体像をご覧ください笑

Macの作業環境
僕の作業環境

左から順番に、構成は以下。

  • 左…M1チップMacBook Air
  • 中央…27インチ4Kモニター
  • 右…当記事のノートPCマウントトレー & 13インチMacBook PRo

左側のM1チップMacBook Airfがメインマシンで、中央の4Kモニターに接続しています。

右側にあるのが、当記事で紹介した「ノートPCマウントトレー」に載せたサブマシンの13インチMacBook Pro。

つまり、ノートPCが2台ある状態です。

モニターの使い分け

この2台のノートPCは、キーボード「HHKB」とロジクールのマウス「MX Master」で操作していますl.

どちらも複数台のデバイスとBluetoothペアリングでき、そのうえ切り替えが簡単。メインで使っているMBA & 4Kモニターも、宙に浮いているMBPも、どちら瞬時に操作できます。

基本的にメインの「M1チップMacBook Air」と「4Kモニター」を使いつつ、参照したい情報やメモ、ToDoがあればMacBook Proにも表示させる、みたいな感じです。

あるいはM1チップMacBook Airで動画書き出し中は、MacBook Proで他の作業を進めるなど。PCが2台あると作業を中断させずに済みます。

また上述したようにiPadを載せることもあります。チャットアプリやメモ、ToDoアプリを見たり、メールチェックしたり、動画や音楽を再生したり……地味に使い勝手が良いですね。

サブPCもタブレットも、「マウントトレー」のおかげで画面の高さを目線の位置に合わせられるので、姿勢が悪くならない、肩が凝らないなどのメリットがあります。

あとは……ロマンでしょうか笑。秘密基地のようなデスク環境は単純にテンションが上がります。男の子だから仕方ないね!

【追記】1本の支柱で2本のモニターアームを支える

その後、デスク上を少し模様替えして、このような環境で作業しています。

モニターアームを2本使った作業環境

2本のモニターアームで、MacBook Airと27インチモニターを空中に浮かせています。どちらも浮かせることで、デスク上が広くなりますね。

ノートPCとモニターを浮かせる

「モニターを支えるアーム & ノートPCを支えるアーム」この2本のアームを、1本の支柱で支えています。

配線がカオスで見づらいですが……、1本支柱(土台)から2本のアームが生えています。

支柱は1本。モニターアームは2本。

こうすることで、さらにデスク上のまとまりが良くなりました。

僕はAmazonベーシックのモニターアームを2本買ってしまいましたが(なので支柱部分が1つ余っている)、最初から「デュアルモニターアーム」を購入しておけば構築がラクになりそうです。

ロマンあふれる。空中ノートPCマウントトレーのあるデスク環境

ノートPC用スタンド

というわけで、メカニカルなアーム(モニターアームだけど)で、ノートPCやタブレットを空中に浮かせるアイテムでした。

使い勝手は意外と(?)良いです。そのうえ秘密基地のようなロマンも兼ね備え、使っていて楽しいアイテムと言えるかもしれません。

そのうえ使い方もユーザーによって様々でしょう。各人に工夫の余地があるのも面白い。自分ならではのセットアップ & 用途で、作業効率化とロマンを追求してみてください。

デスク周り、在宅オフィスの関連記事

▼MacBookをクラムシェルモードで使わず、開いて使う理由について

ノートPCを空中に浮かすアイテムレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
目次