マグネット付きの電源タップが便利すぎる。デスク配線をかんたんに整理できるアイテム

マグネット付きの電源タップ
Amazoキャンペーン開催中2022/09/28 更新

Kindle Unlimited で『東京喰種トーキョーグール リマスター版(全14巻)』が全巻読み放題に!

Kindle Unlimited無料体験


音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited最大4ヶ月無料キャンペーン中!

Amazon Music Unlimited無料体験


わざわざブログで記事にするほどか…? という感じもありますが、1つ持っておいて損はないほど便利なので簡単に紹介。

家で仕事するときの必須グッズ(と言って過言ではないはず)、「電源タップ」。意外とデカくて邪魔だと思うんですけど、どこに置いてますか?

デスクの上にドン!と置いているか、足元に無造作に放置しているか……、といったところではないでしょうか。

電源タップ

この「電源タップを置く場所がない問題」を1秒で解決するのが、マグネット付きの電源タップ! マグネットが付いているので、机の脚やキャビネットなどの”金属部分にくっつく”わけです。

電源タップの定位置を決めて収納できる配線がスッキリきれいになる。デスク周りに1つあると便利なアイテムです。

目次

デスク周りの金属にくっつく。マグネット付き電源タップ

製品名は、サンワサプライの「雷ガードタップ 10個口・2P 3m TAP-SP2110-3BK」。

裏側にはマグネット付き。表と側面には、コンセントが10個口もあります。

電源タップのコンセント数
コンセントは10個口と豊富
マグネット付き電源タップ
マグネットは2つ

裏側に約3cm×2cmのマグネットが2個埋め込まれています。

電源タップのマグネット
このマグネットがけっこう強力

それほど大きくないマグネットですが、磁力はなかなか強力。10個口すべてのコンセントを埋めても、しっかり支えてくれます。

ただし、マグネットのくっつけ方には気をつけたほうが良さそうなので、簡単に説明します。

マグネットの”強力なくっつけ方”

いくらマグネットが強力でも、適当に設置するとくっつかないかも。マグネットが効率的に力を発揮する”向き”ってものがあります。

例えばマグネットの接地面に対して、直角の向きで引っ張ると外れやすいです

つまり、天板下の骨組みにくっつけると、挿しているケーブルの重さでマグネットが外れてしまうことがあります。

マグネットの向き
マグネットに対して、この向きは落ちやすい

一方、接地面に対しての横ズレには強いので、こういう取り付け方ならしっかり固定できます。

なので、デスクの端(へり)や脚、キャビネットなどにくっつけるのがオススメ。

マグネットをくっつける向き
マグネットは横ズレには強い
マグネットの向き
この向きも落ちづらい

くっつける場所の参考になれば。

ちなみに僕の使用例はこちら。電動昇降デスクの脚にくっつけています。

マグネット付き電源タップ
デスクの脚に付けてます!

細かいところも便利仕様

あと細かい仕様を簡単に紹介。

コンセント間は45mm。頭でっかちのACアダプタも挿しやすいかなぁと思います(写真撮るとき、手元にデカいACアダプタなかった……デカいACアダプタってけっこう減ったね)

電源タップのコンセント間の距離

一括スイッチでON/OFF可能。コンセントごとの個別スイッチはありません。

電源タップのスイッチ
電源ON/OFFの一括スイッチ

マグネットの隣に、フック用の穴も空いています。

フック間は178mm。どこかに引っ掛ける使い方もできる電源タップです。

電源タップのフック用の穴
フック用の穴

あと雷ガードも搭載。落雷時は、急激に上がった電圧が建物内に侵入してくることがあります。その高電圧から大事なデバイスを守る機能が、この雷ガード。

デスク周りをスッキリ整理できる「マグネット付き電源タップ」

電源タップのコンセント数

こういうブログでわざわざ電源タップなんて紹介しないと思うのですが(笑)、縁の下の力持ちとして役立っているので紹介してみました。

電源タップにマグネットを付けただけのシンプルなアイテム。デスク配線の整理やテレワークに役立つと思います

コードの長さは「1m・3m・5m」のラインナップ。本体カラーは「ブラック・ホワイト・ブラウン」の3色。

関連:この電源タップを使ったデスク環境はこちら

▼ケーブル整理グッズをまとめました。

マグネット付きの電源タップ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
目次