超小型・軽量の61W充電器「RAVPower USB-C」が素晴らしい。MacBook Proも充電できるハイパワー

  • 2019年9月6日
  • 2019年10月18日
  • 充電器

世界最小、最軽量といっても過言ではないと思う(※現時点(2019/09/06)では、ね!)

61Wという高い出力でMacBook Pro 13インチを充電可能。それでいて、わずか105gという圧倒的な軽さを実現した「RAVPower USB-C 急速充電器」を手に入れました。

荷物をコンパクトにまとめたい人にぴったりすぎる。とりあえず鞄に入れておけば、これ1つでPCやタブレット、スマホなど大体なんでも充電できるのが魅力的。とても良いです!

本当に小さい「RAVPower 61W USB-C 急速充電器」

届いた瞬間からその小ささに驚いて、思わず箱を撮ってしまった…。充電器が入っているとは思えないサイズの箱です。

RAVPower 61W USB-C 急速充電器の外箱

RAVPower急速充電器の中身

こちらが「RAVPower 61W USB-C 急速充電器」。 RAVPowerはラブパワーと読みます。

本当に小さい。のちほど解説しますが、61Wという高出力でありながら、このコンパクトさと軽さはすごい。ポートを「USB-C PD」1つにして小型化に振り切ったのがいいですね。充電器の進化を感じる…!

RAVPower 61W USB-C 急速充電器のサイズ感

RAVPower 61W USB-C 急速充電器のサイズ感

61Wというのは、MacBook Pro 13インチ付属の充電器とまったく同じ出力です。

というわけでサイズを比べてみました。大きさが違い過ぎて同じ出力の充電器とは思えない。持っただけで軽さも明らかです。

61W充電器の大きさの違い

重ねるとサイズの違いが良くわかります。ふた回りぐらい小さいですね。

61W充電器の大きさの違い

ただし「RAVPower 61W USB-C 急速充電器」のほうがほんの少し分厚い。

とはいえ分厚いなとは思いません。「このコンパクトさ + この厚み」は完全に許容範囲内。

61W充電器の分厚さの違い

電源プラグはもちろん折りたたみ式。鞄の中でも邪魔になりません。使いやすくていい!

充電器の折りたたみ式電源プラグ

「RAVPower 61W」のサイズと重さ

サイズと重さは以下。数字で見ると縦と横については約2cmも小さいのですよね…!

RAVPower急速充電器 MBP13インチ付属充電器
49mm 73mm
49mm 73mm
高さ 32mm 29mm
厚さ 約105g 約205g

61W充電器の重さの違い

ちなみに。

小型の充電器といえばAnkerみたいなところもありますが、今のところ「60W or 61Wでもっとも小型軽量」なのはこのRAVPower急速充電器かなぁ…(記事執筆時)。

Ankerの「PowerPort Atom III 60W」が、60WのUSB-Cポート1つで重さ約132gなので、かなり近い商品になりそうです。

「RAVPower 61W USB-C 急速充電器」の性能

スマホ・タブレットはもちろん、ノートPCも充電できます。

同じく61Wの充電器が付属する「MacBook Pro 13インチ」を充電可能です。おそらくMacBookを充電したいと思ってこの記事を見ていのでは?

僕が持っているのMacBook Pro 13インチ(2018モデル)はフルスピードで充電できました!

RAVPower急速充電器でMacBookProを充電

さらにMacBook Pro 15インチも、フルスピードではないけど充電できます。すごすぎ。

この小ささで61Wの高出力を実現するために「窒化ガリウム」という新素材の半導体が採用されています。窒化ガリウム……難しいので詳細は避けます。どうしても気になる人はググってみてください。

まとめ:ノートPCを持ち運ぶ人にオススメな「RAVPower 61W USB-C 急速充電器」

RAVPower急速充電器

ノートPCをよく持ち運ぶ人は買いですかね。鞄に入れておいても苦にならない重さで、普段使いから旅行までいろんなシチュエーションで持っていけます。これ1つあれば何でも充電できるのが心強い。

色は白と黒。今回は白を購入したけど、黒もなかなか渋いのでおすすめです。

価格は4,599円とそこそこするのですが、ちょくちょくセールで3,999円ぐらいまで値下がりしているみたいなので、ぜひご確認を。