記事内に広告を掲載している場合があります

記事内にアフィリエイト広告などの広告を掲載している場合があります。

メーカーから製品提供を受けている場合は、製品提供を受けている旨を明示します。またコンテンツ内容については指示や関与を受けず、当ブログ独自のコンテンツを制作しています。詳しくはレビューポリシーをご覧ください。

M1 MacBook AirからMacBook Proに買い替えた理由

MacBook AirとMacBook Pro
セール情報:2024/06/05 更新

2020年11月頃から約3年半ほど使ったM1 MacBook Airから、M2 Pro MacBook Proに買い替えました。

スペックは最小構成です。いわゆる「吊るしモデル」と言われるモデル。

Apple Storeでは、M2 Pro MacBook Proは販売を終了しています。新品だと288,800円で販売されていたモデルを、Appleの整備済製品として244,800円で購入しました。44,000円安く購入できたことになります。

MacBook AirとMacBook Pro

M1 MacBook Airと、今回購入したM2 Pro MacBook Proの簡単な比較。

スクロールできます
M1 MacBook AirM2 Pro MacBook Pro
サイズ13インチ14インチ
CPUM1
8コアCPU/8コアGPU
M2 Pro
10コアCPU/16コアGPU
RAM16GB16GB
SSD512GB512GB
価格(税込)新品購入:164,780円新品:288,800円
Apple整備済:244,800円
RAMとSSDの量はめちゃくちゃ迷いました……

そんなわけで、

13インチM1 MacBook Air

14インチM2 Pro MacBook Pro

に買い替えた理由を簡単にまとめました。

Contents
筆者情報(タップで開く)
アイコン

一生家で仕事したいです。気づいたら10年以上Macユーザー。

PC・デスクまわりをカッコいい書斎のようにしたい。

PCデスク周りはこちら

円安でApple製品が値上がりしそうだったから(2024年5月時点)

Apple整備済製品MacBook Pro

M2 Pro MacBook Proを購入したのは、2024年5月6日。

翌日の2024年5月7日にはAppleイベントの開催が予定されており、新製品の発表のほかに円安による価格改定(=値上げ)が実施されるのでは?みたいな空気感があったような気がします。

イベントではiPad ProとiPad Airが発表され、前モデルと比較すると約2〜3万円ほどの値上げとなりました。また販売中だったApple Pencilと第6世代iPad miniも値上げされました。

今回、Macは値上げされませんでしたが、時間の問題かも……?

そろそろM1 MacBook Airを買い替えようかなと思っていて、値上げされたあとにMacBookを購入するのはなんだかちょっと嫌なので、もうこのタイミングで購入することにしました。

整備済M2 Pro MacBook Pro、価格が絶妙

14インチMacBook Pro

M1 MacBook Airの買い替えを考えるにあたって、各MacBookの価格をチェックしてみました。

ちなみにM2 Pro MacBook Proはもう新品では販売されていません。買うなら整備済製品か中古品しかない状態です。

欲しいMacの条件
  • サイズは13/14インチ
  • CPUはカスタマイズなしの最小構成
  • RAMは16GB(モデルによって18GB)
  • SSDは512GB

以上の条件で合わせると、だいたい以下ぐらいの価格になります。

モデル価格(税込)
整備済 M2 MacBook Air約180,000円前後
M2 MacBook Air208,800円
M3 MacBook Air224,800円
整備済 M3 MacBook Pro234,800円
整備済 M2 Pro MacBook Pro244,800円
M3 MacBook Pro248,800円
M3 Pro MacBook Pro328,800円
※2024年5月時点の価格

M2 Pro MacBook Proは、M3 MacBook Airより高いけど、M3 MacBook Proよりはちょっと安い。

この価格で、前世代とはいえ上位チップのM2 Pro搭載なら、結構良さそうです。

M2 Pro、スペックもいい

14インチMacBook Pro

買い替えるなら、M1 MacBook Airとのパワーの違いを感じたいところ。

以下はベンチマーク結果です。

スクロールできます
モデルシングルマルチOpenCLMetal
M1 MacBook Air233683182019632192
M2 MacBook Air257896572533641439
M3 MacBook Air3065119592584241045
M2 Pro MacBook Pro2642121884458673941
M3 MacBook Pro3088115963028147408
M3 Pro MacBook Pro3093140254281468343
参照:Geekbench

あくまでベンチマークですけど、M1 MacBook AirからM2 Pro MacBook Proに乗り換えると、これぐらいパワーアップする模様。

  • シングル:1.12倍
  • マルチ:1.45倍
  • OpenCL:2.2倍
  • Metal:2.29倍

(こう見るとCPUに関してはM3 MacBook Airも良い数値ですね……!?)

価格とスペックを総合的に考えると、M1 MacBook Airからの乗り換えとしてM2 Pro MacBook Proはなかなか良い選択肢ではないかと思った次第です。

2台の外部モニターに映像出力できるから

M2 Pro MacBook Proを2台の外部モニターに出力

M1 MacBook Airが接続できる外部モニターの台数は、仕様上1台だけでした。

しかし、ドッキングステーション「BenQ DP1310」のDisplayLinkを活用することで、2台の外部モニターに接続可能。基本的にかなり良いのですが……

このDisplayLinkがちょっとくせ者で。DisplayLinkのメリット・デメリットの記事でも書いたのですが、ときどき日本語入力が重くなるんですよね。致命的なデメリットではないと思うのですが、それでもうっとうしいなと感じます。(Google Chromeなどを再起動すると直ることがほとんどだけど、ひと手間がちょっと面倒)

MacBook Proでデュアルモニター

そんなわけで、次は2台の外部モニターに接続できる仕様のMacがいいなと思っていました。

M2 Pro MacBook ProはDisplayLinkを使わずとも、2台の外部モニターに出力可能な仕様。日本語入力が重くなることはありません。快適!

ちなみに「BenQ DP1310」は、MacBookとPS5の映像を切り替えで使いたいので続投。縦置きモニターが超快適だと教えてくれたこのドッキングステーションには、ちょっと思い入れがあります笑

ちなみにM3 MacBook Airはクラムシェルモードにすることで2台の外部モニターに接続できるのですが、できればクラムシェルモードではなく開いて使いたいマンなので、M3 MacBook Airは見送り、整備済M2 Pro MacBook Proを選びました。

MacBook Airはファンがなくて排熱できないのがやや不満だったから

MacBook AirとMacBook Pro

M1 MacBook Airは発熱が少ないのですが、夏に重い作業(動画編集とか)をすると、そこそこ熱くなります。

ファン非搭載なので自分で排熱できないうえ、熱くなってもうんともすんとも言いません。気づいたら静かに熱くなっていて、精神的にもMac的にも良くない

なので、夏は卓上扇風機の風を直接当てるという原始的なパワープレイでMacBook Airを冷やしていたのですが……

MacBook Airを卓上扇風機で冷やす
MacBook Airも夏は熱くなる

いやいや……、これならファン内蔵のMacを使うほうが良いのでは!?

と思いまして、ファン内蔵のMacBook Proを狙っていました。

120Hzのディスプレイが良さそうだったから

14インチMacBook Pro

高リフレッシュレートのディスプレイ、良いですね。

実はiPhone 15 Proで、初めて高リフレッシュレートに触れました(あまりゲームしないので、これまでゲーミングモニターはノーマークだった)。

最初は「60Hzで十分でしょ!今まで困ってなかったやん!」と思っていたのですが、使っていくうちに、これはなかなか良いものだと思い直しました。残像が少なくて目に優しい気がします

今後ゲーミングモニター以外でも、作業用27インチ4K120Hzモニターとかあったら買い替えても良いかも?と思っているぐらい。高リフレッシュレートって、なくても困らないけど、知ってしまったら元に戻れなくなるタイプの進歩かも。

そんなわけで、ProMotionテクノロジー搭載の高リフレッシュレートMacBook Proも良さそうだなと思った次第です。

パワーはあるに越したことないから

MacBook Proの裏面
MacBook Proの刻印

オーバーススペック乙未知なる可能性と読んでいきたいよなぁ!?

パソコンは多少オーバースペック気味ぐらいがちょうどいい。

M2 Pro の 10コアCPU16コアGPUを使い切れるか?とか考えなくていい。

真面目に書くと、自分が行う作業での中でもっともパワーを必要とする作業を基準に選ぶのが良さそうな気がします。

SDカードスロットなどのポートが便利

MacBook Proのポート類

MacBook AirからMacBook Proになり、以下のポートが増えました。

MacBook Proのポート
  • HDMIポート
  • SDXCカードスロット
  • USB Type-Cポートが1ポート増加(合計3ポート)
  • MagSafe充電ポート

すでにUSB-Cハブを持っているので、各種ポートは無くても良いといえば良いのですが、あったらあったでやっぱり便利。

趣味で写真を撮るので、SDXCカードスロットがあるのは嬉しいですね。

外出時にUSB-Cハブを持って行く必要がないのも楽でいい。でも重量は「MacBook Air + USB-Cハブ」のほうが軽いので、ちょっと悩ましいところですが……。

実はMBAのCaps Lockキーが機能しなくなっていたから

MacBook Airのキーボード
Caps Lockキー、もう動かない

実はM1 MacBook Airを購入した直後(2020年11〜12月頃)、Caps Lockキーにコーヒーを数滴こぼしてしまいました。たった数滴のコーヒーがキーの隙間に入っただけでしたが、一発でダメになりましたね。

AppleCareには入っていませんでした。Apple製品1年限定保証は期間内でしたが、液体による損傷は保証対象外のようです。

Caps Lockキーが機能しなくなっただけで、それ以外は問題なかったのが不幸中の幸い。なんと、そのまま約3年半も使い続けることができました。故障したのがCaps Lockキーで良かった……。Caps Lockキーが使えなくてもまったく困りません笑

とはいえ、一応故障した状態ではあるので、心の片隅に引っかかっていました。どこかのタイミングで、早めにもう1台調達しておきたいなと思っていた次第です。次は飲み物をこぼさないように気をつけたい……!

単なる物欲!

角張ったデザインのApple製品
角張ったデザインのApple製品

欲しいものは欲しい!

Appleシリコンが搭載される前、インテルMacのときはMacBook Proを使っていました。なので久しぶりのMacBook Proです。新鮮な気持ち。

また、この角張ったデザインのMacBookは非常に好みです。

今持っているApple製品はiPhone 15 ProとiPad mini(第6世代)、そしてこのM2 Pro MacBook Pro。すべて角張ったデザインになり、自己満足度が高いです笑

まとめ:M1からの乗り換えに、ちょうどいいM2 Pro MacBook Pro

14インチMacBook Pro

ダラダラ書いたけど、新しいMacBook最高!

M1 MacBook Airからの乗り換え先として、M2 Pro MacBook Proはなかなかちょうどいい気がしました。

買い替えを検討しているM1 MacBook Airユーザーの参考にでもなれば幸い。

MacBook AirとMacBook Pro

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!
Contents