記事内に広告を掲載している場合があります

記事内にアフィリエイト広告などの広告を掲載している場合があります。

メーカーから製品提供を受けている場合は、製品提供を受けている旨を明示します。またコンテンツ内容については指示や関与を受けず、当ブログ独自のコンテンツを制作しています。詳しくはレビューポリシーをご覧ください。

MacBook AirからMacBook Proに買い替えて、思った良い違い・悪い違い

MacBook AirからMacBook Proに買い替えて、思った良い違い・悪い違い

約3年半使ったM1 MacBook Airから、M2 Pro MacBook Proに買い替えました。

チップや本体の変化にともなって感じた違いをまとめた記事です。

意外とMacBook Airのほうが良いところもありました。MacBook AirからProに買い替えるか、それともAir続投でいくか、迷っている人の参考にでもなれば!

MBA→MBPで微妙なところ
  • ノッチは機能的に微妙、というか邪魔
  • バッテリー持ちはMacBook Airのほうが良い
  • 重量差は310g。思っていたより重くないけど、カバンがずっしりした印象
  • キーボードは良し悪しあり
MBA→MBPで良いところ
  • スピーカーが良い
  • スペックUP
  • 120Hzのディスプレイが良い
  • SDカードスロット便利

MacBook Airが向いている人

  • テキスト作業が中心
  • 本体は軽いほうがいい
  • バッテリーは持つほうがいい

MacBook Proが向いている人

  • マシンパワーがほしい
  • 良いスピーカーがほしい
  • SDカードスロットがほしい
  • 120Hzのディスプレイに良さを感じる
Contents
筆者情報(タップで開く)
アイコン

一生家で仕事したいです。気づいたら10年以上Macユーザー。

PC・デスクまわりをカッコいい書斎のようにしたい。

PCデスク周りはこちら

MacBook AirとMacBook Proのスペック & ベンチマーク比較

MacBook AirとMacBook Pro

最初にスペックとベンチマークを簡単に比較します。

スペック比較

スペックM1 MacBook AirM2 Pro MacBook Pro
CPU8コアCPU 8コアGPU10コアCPU16コアGPU
RAM16GB16GB
SSD512GB512GB
RAMとSSDの容量迷った……

ベンチマーク比較

ベンチマーク項目M1 MacBook AirM2 Pro MacBook ProUP
CPU(シングル)233326411.13倍
CPU(マルチ)8030121941.51倍
GPU20276453932.23倍
RAM読み込み:52.98GB/s
書き込み:47.49GB/s
読み込み:108.99GB/s
書き込み:122.08GB/s
2.01倍
SSD書き込み:約2069.2MB/s
読み込み:約2779.1MB/s
書き込み:約2939.4MB/s
読み込み:約2879.3MB/s
1.42倍

当然ですが、全体的にベンチマークが向上しました。

しかし数値には現れない使用感があるので、そのあたりを中心にまとめます。

微妙な点・あまり変化を感じない点

先に、M1 MacBook AirからM2 Pro MacBook Proに乗り換えて思った、微妙な点をまとめました。

微妙なところ
  • ノッチは機能的に微妙、というか邪魔
  • バッテリー持ちはMacBook Airのほうが良い
  • 重量差は310g。思っていたより重くないけど、カバンがずっしりした印象
  • キーボードは良し悪しあり

ノッチは機能的に微妙、というか結構邪魔

人生初のノッチつきMacBookです。

iPhoneで見慣れていますし、デザインに文句ありません。しかし機能的には、ちょっと文句があります!

ノッチが邪魔になり、13インチMacBook Airよりも、14インチMacBook Proのほうが『メニューバーに表示できるアイコンが少ない』という現象が発生。

14インチMacBook Proのほうが『メニューバーに表示できるアイコンが少ない』

まず、ノッチがないM1 MacBook Air(13インチ)のスクショからご覧ください。

メニューバーに日時やバッテリー残量、そのほか常駐アプリなど、画面の右側6割ぐらいまでアイコンが表示されています。

メニューバーに表示させたいものは、すべて表示できています。

13インチMacBook Airのメニューバー
ノッチがないM1 MacBook Airは、メニューバーにアイコンをたくさん表示可能

一方で、以下はノッチつきM2 Pro MacBook Pro(14インチ)。スクショだとノッチが写らないので、写真を載せます。

メニューバーに表示可能なアイコンは、画面の右側4割ぐらいまでです。ノッチが邪魔になり、一部のアイコンしか表示されません!

ノッチに隠れたアイコンは、強制的に非表示となります。なんかメニューバーを横スクロールしたら隠れているアイコンが出てくるようにするとか、なんとかして隠れているアイコンを操作できるようにしてほしいです!

14インチMacBook Proのメニューバー
メニューバーに表示されるアイコンは、オレンジ色の矢印のところまで

このノッチが邪魔でメニューバーが制限される問題については、やはり不満に感じている人がいるようで、メニューバーを管理するサードパーティアプリがリリースされています。

さまざまなアプリがあり、僕もどれを使うかまだ決めきれていません。メニューバーにアイコンをたくさん表示させたい人は、何かしらのメニューバー管理アプリを入れる必要がありそうです。

いや〜実はこれ、MacBook Proを買うまで知りませんでした。届いてから、ノッチが邪魔でアイコン表示数が少ないことに気づきましたね……。

バッテリー持ちはMacBook Airのほうが良い

MacBook Proをバッテリー駆動で使う

M1 MacBook AirとM2 Pro MacBook Proのバッテリー持ちを比べると、体感でもM1 MacBook Airのほうがバッテリー持ちが良いです。

M2 Pro MacBook Proは、使っていてわかるレベルでバッテリーの減りが早めですね。

公式サイトのスペックを比較すると、以下のようになっています。

製品バッテリー持ち
M1 MacBook Air(2020)最大15時間のワイヤレスインターネット
M2 Pro MacBook Pro(2023)最大12時間のワイヤレスインターネット
M1 MacBook AirとM2 Pro MacBook Proのバッテリー持ちの違い

簡単なテキスト作業をしているだけでも、M2 Pro MacBook Proのほうがバッテリーの減りが早いと感じますね。結構ぐんぐん減ってしまいます。

約3年半使ったM1 MacBook Airのバッテリー最大容量は84%、M2 Pro MacBook Proは100%。それでもMacBook Proのほうがバッテリーの減り早いのでは?と思ってしまうぐらいです。

やっぱり120hzディスプレイがバッテリーを消費してしまっているのでしょうか。まぁ、インテルMac時代に比べれば持ちますけどね。

バッテリー持ちを重視するなら、MacBook Airを選んだほうが良さそうです。

重量差は310g。思っていたより重くないけど、カバンがずっしりした印象

MacBook AirとMacBook Proの重量差

M1 MacBook Airと、M2 Pro MacBook Proの重量は以下。

約310g重くなりました。

モデル重量
M1 MacBook Air1.29kg
M2 Pro MacBook Pro1.60kg
310g重くなった

310gって絶妙ですね。

手で持ち比べたときは「思ったより重くなっていない!」という感覚でした。確かにMBPのほうが重いのは体感でもわかりますが、そこまで「おも!」という感覚はありません。もっと重いかと思っていたので良い誤算でした。

しかし不思議なのが、バックパックにいれると「手で持ったときより重さを感じる」ところ。もちろんMacBook Pro以外の荷物は同じです。

両肩にかかる重さが増えた感覚があります。実際310g増えているのですが、肩で実感するとは思いませんでした。カバンがちょっとずっしりしたな、と感じます。

キーボードは良し悪しあり

MacBook AirとMacBook Pro

まずMacBook Proはキーボード全体がブラックになりました。新鮮な雰囲気でいい!

もしかするとMacBook Proの本体カラーはシルバーのほうが、キーボードのブラックが際立つかも。と、スペースグレイが届いてから思いました。

微妙な点は、ファンクションキーが大きくなったこと。

以前のファンクションキーは小さく、ほかのキーと感触が違うので、タイプミスしづらかったです。しかし、ほかのキーと同じサイズになったことで、最初は何度かタイプミスしてしまいました。慣れるのに少し時間がかかりましたね。すぐ慣れると思いますが。

打鍵感は同じです。どちらもタイピングしやすい!

MacBook AirからMacBook Proに買い替えて感じた、良い違い

AirからProに乗り換えて思った、良いところ・良い違いについて。

良いところ
  • スピーカーが良い
  • スペックUP
  • 120Hzのディスプレイが良い
  • SDカードスロット便利

スピーカーが良い

MacBook Proのスピーカーについて

やはり明らかに良い。Airのスピーカーよりも、Proのスピーカーのほうが。

僕はデスクにスピーカーを置いていません。

置かない理由は、それほど音にこだわりがないからです。音楽を聴くことも少ないですし、聴くとしてもヘッドホンをつけます。

MacBook Proを2台の外部モニターに接続

そんな音にこだわりがないマンでも、MacBook Airのスピーカーは悪くないものの、いまひとつだなと思っていました(音にこだわらないと言いながらうるさい)

MacBook Proに変えてからは、もうProのスピーカーで十分!という気持ちになっています。

120Hzのディスプレイが良い

MacBook Proの120Hzディスプレイについて

120hzのディスプレイ、良いですね。

リフレッシュレートが高いと、スクロール等が滑らかなので目が疲れにくい気がします。気がするだけかもしれませんが。

将来的に、MacBook Airにも120Hzのディスプレイを搭載してほしいです!(でもバッテリー持ちとトレードオフになってしまうのかな……)

SDカードスロット便利

MacBook ProのSDカードスロット

MacBook Airにはない、SDカードスロット。

これが必要でMacBook Proを選ぶ人も少なくないはず。やっぱりUSBハブがなくても接続できるのは、何だかんだで便利です。

ただ、アクションカメラやAndroidスマホで使われているmicroSDは接続できません。ついでにmicroSDも接続できたら嬉しかったですね!

スペックUP

14インチMacBook Proのスペックについて

M1 MacBook ProからM2 Pro MacBook Proになり、スペックが向上しました。

動画の書き出し時間の比較とかはしていないのですが、体感でも速いように感じます。

ただテキスト系作業などでは、処理速度の向上は体感できません。M1 MacBook Airでも十分すぎました。

テキスト作業がメインなら、MacBook Airのほうがいいかもしれませんね。

角張ったデザインが良い

iPad mini(第6世代)とiPhone 15 ProとM2 Pro MacBook Pro

今持っているApple製品は以下3つ。

  • iPad mini(第6世代)
  • iPhone 15 Pro
  • M2 Pro MacBook Pro

角張ったデザインで統一感が出て、自己満足度が高い!

まぁそれだけなのですが、このスクエアなデザイン、個人的にはかなり好みです。

Wi-Fi 6E対応で通信スピードアップ、でも体感は変化なし

14インチMacBook Pro

M1 MacBook AirはWi-Fi 6でしたが、M2 Pro MacBook ProはWi-Fi 6Eに対応しています。

うちのWi-FiルーターはWi-Fi 6E対応なので、晴れてWi-Fi 6Eで通信できるようになりました。

6GHz帯が使えるようになったことで、よりスムーズな通信が可能になった……はずですが、正直、体感では違いはわかりませんね!

まぁ体感に変化がなくても、通信が速くなったのは嬉しいです!

MacBook AirとMacBook Proの違いまとめ

MacBook AirとMacBook Pro

ノッチが邪魔なのは意外でした……。

現在発売中のMacBookは、AirもProもノッチつきです。メニューバーに常駐アプリをたくさん置きたい人は、メニューバー管理アプリが必須かもです。

バッテリー持ちはAirのほうがいいので、外作業が多い人はご注意を。

MacBook Airが向いている人

  • テキスト作業が中心
  • 本体は軽いほうがいい
  • バッテリーは持つほうがいい

MacBook Proが向いている人

  • マシンパワーがほしい
  • 良いスピーカーがほしい
  • SDカードスロットがほしい
  • 120Hzのディスプレイに良さを感じる

MacBook AirかProか、あるいは相互の乗り換えで迷っている人の参考になれば。

▼ 僕はApple整備済製品のMacBook Proを購入しました。お手頃価格で新品同様のものが届いて満足。

MacBook AirからProに乗り換えた個人的な理由をまとめました。

Macの移行は、Thunderboltケーブル移行が爆速でした。

MacBook AirからMacBook Proに買い替えて、思った良い違い・悪い違い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!
Contents