スマホを急速充電(USB PD対応)できてコンパクト。RAVPower製モバイルバッテリー「RP-PB186」がニーズ満たしまくり

セール情報:2021/10/22更新

音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」が、3ヶ月無料キャンペーン開催中!

普段は初回1ヶ月無料ですが、今なら3ヶ月無料に拡大中。

3ヶ月の無料体験中に解約すれば、料金は発生しません。解約もすごく簡単。以下の記事で手順を説明しています。

【関連記事】「Amazon Music Unlimited」を解約する方法。解約しても最終日まで聴けるのが嬉しいサービス

対象者…新規会員登録者

【3ヶ月無料】Amazon Music Unlimitedキャンペーン開催中

これ、現状ではかなり最強の部類に入るモバイルバッテリーでは…!

RAVPower製モバイルバッテリー「RP-PB186」を購入しました。

スマホ・タブレットを急速充電(PD対応)でき、MacBook Airも充電できる29Wの高出力。そのうえ軽量コンパクトで、10,000mAhの大容量。

特徴!

  • スマホ・タブレットを急速充電できる(USB PD対応)
  • MacBook Airも充電できる最大29W出力
  • USB-Cによる入出力ができる
  • 軽量・コンパクト。10,000mAhの大容量

RP-PB186でiPhoneとiPadを充電

まさに僕自身も「USB-C対応で急速充電できる、軽量コンパクトなモバイルバッテリー」を探していたところ、この製品を見つけました。

同じような人には良い選択肢になると思うので、詳しくレビューします。

目次

急速充電(PD対応)ができる「RAVPower製モバイルバッテリー」

こちらがRAVPowerのモバイルバッテリー「RP-PB186」。

もうこの時点で、箱がコンパクトで驚きました。

RAVPowerモバイルバッテリーの箱

本体も小さい。

本来の触り心地はさらさらで、指紋が付きにくいマットブラックでした。指紋つかないの、いいよね…!

RAVPowerのモバイルバッテリーRP-PB186

サイズや重さ、充電時間などのスペック

肝心のスペックについて。

まずポート(端子)は、USB-AとUSB-Cが1つずつ。 USB-Cは「PD3.0」に対応していて、スマホやタブレットを急速充電できます。

RAVPower製モバイルバッテリーのポート

モバイルバッテリー本体の充電はUSB-Cケーブルで。今回は30Wの小型充電器「Anker PowerPort III mini」を使って充電しました。

本体のフル充電にかかる時間は、約3時間半です。

モバイルバッテリーを充電

モバイルバッテリー本体の充電にUSB-Cケーブルが必要

スマホやタブレットへの充電は、「USB-A・USB-C」どちらも対応。

もちろん2台同時充電も可能です。

RP-PB186でiPhoneとiPadを充電

「USB-C」でスマホやタブレットを充電するときは、なんと最大29W出力。iPhoneであれば、18Wの急速充電が可能です。

iPhoneに付属しているサイコロみたいな充電器(5W)に比べると、体感でわかるぐらい圧倒的に急速充電が速いです。ホント急速充電はオススメ。急速充電を知ってしまうと、普通スピードの充電にはもう戻れない体になるのですよ…!

具体的には30分で0% → 50%まで充電できるスピード。ただし100%に近づくにつれて充電スピードは落ちていき、0% → 100%までかかる時間は約2時間です。それでも超はやいんですけど!

RP-PB186でiPhoneを充電

急速充電、はやーい!

iPhoneを急速充電する際には、「USB-C & Lightningケーブル」が必要です。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」あたりがお手頃で定番。僕もこれの0.9mを使っています。

AnkerのUSB-C&Lightningケーブル

また「USB-Cポート」の最大29Wというのは、MacBook Airぐらいであれば充電できそうな出力ですね。

僕はMacBook Airを持っていないので、試しにMacBook Pro 13インチに接続してみたところ……、なんと充電できてしまいました。給電じゃなくて充電できました。

ただし公式的にMacBook Pro 13インチの充電は非推奨となっているのでオススメはできませんが、一応、緊急避難的に充電できると覚えておいてもいいかもしれません。

RP-PB186でMacBook Proを充電

MacBook Pro 13インチが充電できた…!

出力をチェックしてみると、29Wで充電中となっていました。

充電スピードはさすがにゆっくりなので、ディスプレイの明るさを落とし、CPUに負荷をかけないようにすれば、数十%程度であれば充電できそうです。(でも自己責任でお願いします!)

29WでMacBook Proを充電

29Wで充電されていました

というわけで、スペックをまとめるとこうなります。

このコンパクトさでスマホを2〜4回充電でき、そのうえ急速充電にまで対応。かなり理想的なモバイルバッテリーのような気がしますね…!

スペック
バッテリー容量
10,000mAh
サイズ
約111 x 51 x 25mm
重量
約187g
本体の充電時間
約3時間30分
(18W出力以上のPD対応USB-C充電器で充電した場合)
USB-C⼊⼒:PD対応
(モバイルバッテリー本体の充電)
最⼤18W
(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-C出⼒:PD対応
最⼤29W
(5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 14.5V/2A)
USB-A出⼒:QC 3.0対応
最⼤18W
(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
合計最⼤出⼒
最⼤29W
(USB-Cポート PD 18W+USB-Aポート 5V/2.1A)

10,000mAhの容量にしては軽量コンパクト

iPhone 11/11 Proを約2回、iPhone 8を約4回充電できる10,000mAhクラスのモバイルバッテリーにしては、かなりコンパクトです。

スマホと並べてみました。

    左から…

  • このモバイルバッテリー
  • iPhone 5s (SEも同じサイズ)
  • iPhone 7 (8も同じサイズ)
  • iPhone XS (Xも同じサイズ)

RP-PB186とスマホの大きさ非核

iPhone 5sよりも小さく、持ち運びやすいですね。ポケットに入れても邪魔にならないのが嬉しいところ。

  • サイズ…約111 x 51 x 25mm
  • 重量…約187g
RP-PB186とiPhone 5sとの大きさ比較

iPhone 5sとの大きさ比較

ただし厚さは25mm(2.5cm)。スマホに比べると分厚いです。

それでも重さが約187gと軽いので、あまり気にならないかなぁというのが個人的な印象。

RP-PB186の厚み

そもそも分厚かろうが、急速充電を利用すればモバイルバッテリーとスマホを接続したまま持ち運ぶ時間を短縮できます

さっさと充電し終えて、モバイルバッテリー本体はカバンの中にでもしまっておきましょう。という運用ができるのが、このモバイルバッテリーの良いところだと思いますね!

バッテリー残量はLEDランプでわかる

4つLEDランプで、大まかなバッテリー残量がわかります。

RAVPower製RP-PB186のバッテリーLED

付属品。ポーチとケーブルが付いてくる

付属品も簡単に紹介しておきます。

というのも、収納ポーチとケーブル(しかもUSB-C!)が付いてくるモバイルバッテリーってあまりないので。地味にありがたい…!

  • モバイルバッテリー本体
  • 収納ポーチ
  • 両端がUSB-Cのケーブル

RAVPower「RP-PB186」の付属品

収納ポーチにはスペースが2つあって、モバイルバッテリー本体とケーブルを入れておけます。

「ケーブルを忘れて充電できない」、そんなシチュエーションが”あるある”の人には嬉しい仕様。

RAVPower「RP-PB186」の収納ポーチ

欲しい機能を詰め込んだモバイルバッテリー、RAVPower「RP-PB186」

RAVPower製RP-PB186とiPhoneとMacBook

個人的には、欲しい機能をこれでもかと詰め込んだモバイルバッテリーでした。特に急速充電とUSB-C対応は嬉しい…!

というわけで、こんな人にオススメできると思います。

こんな人にオススメ

  • スマホやタブレットを急速充電したい
  • MacBook AirぐらいのPCを充電したい
  • いい加減、身の回りのケーブルをUSB-Cで統一したい
  • 軽量・コンパクトがいい

こういう人、意外といると思うのですがどうでしょう…? 僕はドンピシャで当てはまりました。

今からモバイルバッテリーを購入するなら、急速充電やUSB PD対応の製品がいいと思いますよ。

本体カラーは黒と白。そういえばモバイルバッテリーって黒ばっかりですよね。白色が欲しい人にも良い選択肢になりそうです。



似たスペックのモバイルバッテリーもあるよ

僕もどっちを買うか悩んだので、一応もご紹介。

Ankerの「Anker PowerCore 10000 PD Redux」も、似たようなスペックのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000 PD Redux

USB-AとUSB-C端子を備え、スマホやタブレットに最大18W出力の急速充電が可能。サイズや重さもほぼ同じぐらいです。

主な違いは、「RAVPower RP-PB186」はUSB-Cが最大29W出力なのに対し、「Anker PowerCore 10000 PD Redux」は最大18W出力だという点。

どうせならということで、出力が高いほうを選んでみました。RAVPower公式的には非推奨だけど、いざってときにMacBook Pro 13インチも充電できそうだったので。今のところはRAVPowerを選んで満足しています。

 

【関連】Ankerの定番モバイルバッテリーも。

あわせて読みたい
モバイルバッテリー兼充電器の「Anker PowerCore III Fusion 5000」レビュー。18W急速充電ができて嬉しい 名作のニューモデル。 ”モバイルバッテリーと充電器の1台2役”という便利さで話題になってアレの新型「Anker PowerCore III Fusion 5000」が登場しました。 これは便利に...

【関連】オススメのコンパクト充電器も。

あわせて読みたい
超軽量コンパクト充電器「CIO-G65W3C1A」レビュー。4ポートで手のひらサイズ、USB-Cが3個もあって嬉しい とにかく荷物を軽くしたい!と思っている僕のような人にはぴったり過ぎます。 普通、高性能になればサイズは大きくなるもの。なのに……この「CIO-G65W3C1A」は高性能でコ...

買い物前に。
Amazonギフト券チャージでポイント還元

Amazonギフト券チャージでポイントが還元されます。普通に買い物するよりもちょっとお得

■ポイント還元方法は、以下2パターン

  1. 通常会員&プライム会員「現金チャージ
    ちょっと面倒だけど還元率が高め
  2. プライム会員限定「クレジットカードでチャージ
    便利だけど還元率は低め

簡単に解説。

①還元率の高い現金チャージ
(クレカ使用不可)
Amazonギフト券現金チャージのポイント還元
  1. Amazonギフト券チャージタイプを現金で5,000円以上チャージ(クレジットカード不可)
  2. コンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれかで支払う
  3. 通常会員は最大2%還元。プライム会員は最大2.5%還元。

Amazonギフト券「現金チャージ」はこちらから

②還元率低めだけど便利
クレジットカードチャージ
Amazonギフト券クレジットカードチャージのポイント還元

プライム会員限定です。

  1. Amazonギフト券チャージタイプ5,000円以上購入
  2. クレジットカードで支払う
  3. 0.5%還元(ギフト券5,000円分なら25ポイント返ってくる)

Amazonギフト券「クレジットカードチャージ」はこちらから

関連記事

目次
閉じる