急速充電器とモバイルバッテリーを1つにドッキング。Anker「PowerCore Fusion 5000」は絶対便利

今さらだけど、絶対に便利だと思ったので購入しました。すでに大人気と言って差し支えないこのガジェットについて、改めて書いてみたいと思います。

言ってしまえば、「急速充電器とモバイルバッテリー」を1つにドッキングした製品。コンセントに挿せばスマホやタブレットを充電できるし、コンセントから取り外せばモバイルバッテリーになる1台2役のアイデア製品

日常使いから旅行まで、あらゆる場面で使えます。いきなり褒めちぎりましたが、とりあえず迷っているなら買ったほうがいいです。ほんとうに便利。

急速充電器にもモバイルバッテリーにも。1台2役が「PowerCore Fusion 5000」の魅力

Anker「PowerCore Fusion 5000」はこのような見た目。重さなどは後述しますが、かなりコンパクトです。

Anker PowerCore Fusion 5000のサイズ感

繰り返しになっちゃいますが、最大の特徴は「急速充電器とモバイルバッテリー」の1台2役スタイル

ここに折りたたみ式プラグが付いていて……

Anker PowerCore Fusion 5000の折りたたみ式プラグ

コンセントに挿せば、スマホやタブレットの充電器として使えます。

USB充電器として使うときの出力は10W。iPhone付属の純正充電器(5W)より早く充電できるけど、iPad付属の純正充電器(12W)よりは少し遅いといったところ。急速充電器と言えるスピードなので十分実用的です

Anker PowerCore Fusion 5000を急速充電器として使う

そしてコンセントから取り外せば、このままモバイルバッテリーとして使えるのです

まだ充電途中だけど出かける時間が迫っているなら、このまま外に持ち出せばOK。まさに1台2約。ちなみにバッテリー容量は、iPhone XSを約1.3回充電できる5000mAhです。

Anker PowerCore Fusion 5000をモバイルバッテリーとして使う

モバイルバッテリーって、あらかじめモバイルバッテリー自体を家で充電しておかないといけませんよね。充電されていないモバイルバッテリーなんて、ただのプラスチックの塊です。

この製品は折りたたみ式プラグを直接コンセントに挿せば、本体を充電可能なところがすごく便利。モバイルバッテリーを充電するためのMicro USBケーブルは不要です。

さらに急速充電器としてスマホを充電中も、同時にモバイルバッテリーとして自分自身を充電しています。だから本体を充電し忘れることが少なくなりそうですね。

Anker PowerCore Fusion 5000を充電する

1台2役という他ではあまり見ないガジェットですが、便利なのは間違いありません。むしろ他のメーカーが類似製品をほとんど出していないのが不思議なくらい。

世の中のモバイルバッテリーがこの仕様に収束していくのではないか、と思えるほど優れた機能性……というのはちょっと言い過ぎにしても、日常から出張、旅行までいつでも使えるアイデア製品だと思います。

「PowerCore Fusion 5000」のスペックについて

あとスペックについて簡単に紹介。まず差込口まわりはこんな感じ。

  • USB-A × 2
  • Micro USB × 1

USB-Aが2口あるので、スマホとタブレット等の同時充電が可能。

また本体を充電する際には折りたたみ式プラグを直接コンセントに挿せばいいのですが、コンセント周りがごちゃごちゃでプラグを挿すスペースがない場合は、Micro USBケーブル経由でも充電できるようになっています。

Anker PowerCore Fusion 5000のポート類

本体の横には3つのLEDがあり、モバイルバッテリーの残量がわかる仕組み。

Anker PowerCore Fusion 5000のLEDランプ

本体のサイズなどは以下。

  • 製品寸法:約72 x 70 x 31 (mm)
  • 製品重量:約189g
  • バッテリー容量:5000mAh

意外と軽いのは驚きました

189gといえば、iPhone XSよりちょっと重いけど、iPhone XS MaxやiPhone 8 Plusよりは軽い、といったところ。持ち運ぶのが苦になる重さではないハズです。

Anker PowerCore Fusion 5000とiPhone

色はブラック/ホワイト/レッドの3色。お使いのスマホやケーブルの色と合わせるのが良さそうですね。1つ持っておいて損はないアイテムです。

まとめ:「PowerCore Fusion 5000」のメリット・感想

PowerCore Fusion 5000の本体

僕は基本的にモバイルバッテリーとして使うことが多く、普段はカバンに突っ込んでおいて、外でiPhoneを充電するときに使います。家に帰ってからコンセントに挿すだけで「PowerCore Fusion 5000」自体を充電できるのはとても手軽ですね。

また軽装でいく旅行も好きでして、そのときの持ち物がこれ1つで事足りるのも便利なところ。道中はモバイルバッテリーとして使い、宿に着いてからはUSB充電器として使う。まさに1台2役なわけで、モバイルバッテリーとUSB充電器を1つずつ持っていく必要がないですね。

こんな人にオススメ

  • モバイルバッテリー自体の充電をもっとラクにしたい
  • 旅行の持ち物をできるだけ減らして軽量化したい

似たような製品がありそうであまりないので、1つ持っておいて損はないアイテム。1台2役は想像以上に便利です。