13 in 1 USB-Cハブ「UGREEN Revodok pro 313」を使った感想。もはや持ち運べるドッキングステーション

記事内にアフィリエイト広告を掲載している場合があります。
UGREEN Revodok pro 313レビュー記事のアイキャッチ

UGREENさん(@ugreenjapan)から、13 in 1のUSB-Cハブ「UGREEN Revodok pro 313」をご提供いただきました。

13個ものポートを搭載した、つよつよUSB-Cハブです。もはや持ち運べるドッキングステーションでは!?

UGREEN Revodok pro 313

自宅でも外出先でも使えるUSB-Cハブになりそうです。

こんなUSB-Cハブです
  • USB-Aが4ポート、USB-Cが2ポート
  • SD/microSDカードスロットあり
  • HDMIが2ポート、DisplayPortもあり
  • 有線LANポートも搭載
  • 大きいけど軽い(約230g)
  • Windowsなら最大3画面出力

※本記事は製品提供で制作しています。

Contents
筆者情報(タップで開く)
アイコン

一生家で仕事したいです。気づいたら10年以上Macユーザー。

PC・デスクまわりをカッコいい書斎のようにしたい。

PCデスク周りはこちら

UGREEN Revodok pro 313のデザイン・概要

こちらが「UGREEN Revodok pro 313」。

UGREEN Revodok pro 313

うすうす気づいているかもしれませんが、USB-Cハブにしてはデカいです。

でも思っている以上に軽い(約230g)! サイズや重量について、詳しくは後述します。

UGREEN Revodok pro 313とMacBook Air
13インチMacBook Airと比べるとデカさが際立つ

ポート数は13個。

特にHDMIが2ポート、DisplayPortが1ポートあり、Windowsなら最大3画面(ノートPCを入れると4画面)出力が可能なところが魅力。

ただしMacは最大3画面まで出力できるものの、2画面以降はミラーリングになります(=実質デュアルディスプレイ)。残念すぎる……!

こちらはMacBook Airで外部モニター2台に画面出力していますが、外部モニター2つはミラーリングにしかなりませんでした……。

UGREEN Revodok pro 313でディスプレイ出力

ケーブルを挿すとこんな感じ。

外付けHDD/SSDからキーボード・マウスまで、USB-Cハブにしてはたくさんのデバイスを接続できます。強い。

UGREEN Revodok pro 313は13ポートある

UGREEN Revodok pro 313 のポート数は13個

ポート数は全部で13個。左に6ポート、右に7ポート配置されています。

まず左側から。DisplayPort搭載のUSB-Cハブって意外と珍しいです。

左側面
  • USB-C PD3.0 (100W充電)
  • DisplayPort 1.4 (4K出力可)
  • HDMI 2.0 × 2 (4K出力可)
  • USB-A (5Gbps)
  • LAN (1GbE)
UGREEN Revodok pro 313の左側ポート

右側のポートは以下。

各ポートに転送速度が書いてあるのが親切。どのポートが速いのか結構忘れてしまいますよね。

右側面
  • SD/microSDカードスロット
  • 3.5mmイヤホンジャック
  • USB-A (5Gbps)
  • USB-A (10Gbps) × 2
  • USB-C (10Gbps)
UGREEN Revodok pro 313の右側ポート

USB-Aは4ポート、USB-Cは2ポートあります。SD/microSDカードスロットもあります。

おおよそ必要なポートは揃っている印象。

左側面
  • USB-C PD3.0 (100W充電)
  • DisplayPort 1.4 (4K出力可)
  • HDMI 2.0 × 2 (4K出力可)
  • USB-A (5Gbps)
  • LAN (1GbE)
右側面
  • SD/microSDカードスロット
  • 3.5mmイヤホンジャック
  • USB-A (5Gbps)
  • USB-A (10Gbps) × 2
  • USB-C (10Gbps)

後面(背面?)はポートなし。

UGREEN Revodok pro 313の後面デザイン

底面。滑り止めは付いていません。

UGREEN Revodok pro 313の底面

ケーブルの長さは約23cm。

ナイロン編み込みケーブルなので耐久性は高そうです。

UGREEN Revodok pro 313のケーブルの長さは約23cm
UGREEN Revodok pro 313はナイロン編み込みケーブル

サイズ感と重量。思ったより軽い!

他社のUSB-Cハブと比べてみるとこのサイズ感。

中央が「UGREEN Revodok pro 313」です。デカい。

UGREEN Revodok pro 313のサイズ感比較
約16.5cm
約7cm
高さ約1.9〜2cm
UGREEN Revodok pro 313のサイズ

USB-Cハブにしてはデカいのですが……

大きいわりに軽く、重量は約230g。iPhone 15 Pro Maxが221gなので、大体同じぐらい。手に持った感覚としても軽いと感じます。

カバンに入れて軽々と持ち運べる重さです

UGREEN Revodok pro 313の重量

USB-Cハブだけど、ドッキングステーション的な使い方もできそう

「UGREEN Revodok pro 313」はUSB-Cハブなので単体で動作します(ドッキングステーションみたいな電源アダプタ不要)。

重さ約230gなので持ち運び可能。13個ものポートがあるので、ちょっとしたドッキングステーションよりもポート数が多いです。

UGREEN Revodok pro 313にたくさんのケーブルを挿したところ

そういえば、ドッキングステーションとUSB-Cハブの違いって何でしょうね……。

厳密には定義されていない気がしますが、主な違いを挙げるとすれば以下でしょうか。

ドッキングステーションとUSB-Cハブの主な違い?
  • ポートの数
  • 電源アダプタの有無

特に電源アダプタの有無は無視できません。

ほとんどのドッキングステーションは電源アダプタが必須ですが、その電源アダプタが重すぎて持ち運びには適しません。

例えば、こちらはAnkerのドッキングステーションの電源アダプタ。重さは約744g。家では頼もしいけど、外に持ち出したい重さじゃないです。完全に据え置きですね……。

Ankerのドッキングステーション
ドッキングステーションは便利だけど…
「Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock」の電源アダプタ
電源アダプタが重い

UGREEN Revodok pro 313のようなポート数が多いUSB-Cハブは、小型充電器とセットで運用すれば、「軽くて持ち運べるドッキングステーション」みたいな使い方ができそうです。

例えばMacBook Airなら、30Wの小型充電器を電源アダプタ的に使えば、ドッキングステーション並のポート数・拡張性を外に持ち出せます。

UGREEN Revodok pro 313と小型充電器のセット

家でも会社でも外出先でも、このセットを使い回す運用が可能に。

「ドッキングステーションって据え置きなのがもったいないよなぁ」とか「家でも会社でも同じ環境を持ち運びたい」みたいに思っていた人は、このような運用が良いかもしれませんね。

UGREEN Revodok pro 313 のデメリット・気になるところ

UGREEN Revodok pro 313の使用イメージ

デメリット・気になるところもいくつかありました。

デメリット・気になるところ
  • USB-Cポートが少ないかも
  • USB-Cポートは映像出力には対応していない
  • Thunderboltポートはない
  • Windowsは最大3画面まで出力可能。Macは実質1画面まで

USB-Cポートがちょっと少ないかも

USB-Cポートは2つだけ。100W充電用ポートと、10Gbpsデータ転送用ポートのみ。

一方でUSB-Aポートは4つもあります。

USB-Aポート1つ減らしてもいいので、USB-Cポートが3つぐらいあっても良かった気がしますね……。

USB-Cポートは映像出力には対応していない

UGREEN Revodok pro 313の左側ポート

2つあるUSB-Cポート、どちらも映像出力は非対応です。

映像を出すなら2個あるHDMIか、DisplayPortを使うことになります。

どうしてもUSB-Cで映像出力したいなら、PCに直接挿せば解決するはず。MacBook AirでもUSB-Cポートは2つあるので何とかなりそう。

Thunderboltポートはない

USB-Cポートが2つあるものの、どちらもThunderbolt規格ではありません。

ただThunderboltいらない人も意外と多そうな気がします。

Windowsは最大3画面まで出力可能。Macは実質1画面まで。

Windowsは以下のように最大3画面に出力可能。

UGREEN Revodok pro 313のWindows使用時のモニター出力
画像引用:UGREEN UKサイト

Macも3画面出力できますが、2画面目以降はミラーリングになるとのこと。

UGREEN Revodok pro 313のMac使用時のモニター出力
画像引用:UGREEN UKサイト

つまりMacだと実質デュアルディスプレイです。Macユーザーとしては残念……。

UGREEN Revodok pro 313 のメリット

UGREEN Revodok pro 313とMacBook Airのサイズ感

改めてメリットをまとめると、こんな感じ。

メリット
  • 13個ものポート数
  • 大きいけど軽い(約230g)
  • Windowsなら最大3画面出力可能
  • ナイロン編み込みケーブルの耐久性高そう
  • 4つのUSB-Aポートはスマホ等の充電も可能
  • ドッキングステーションと比較するとコスパ良い

アルミ製で大きいぶん、熱はこもりづらそうです。実際あまり熱くなりませんが、いかんせんこの記事を書いているのが冬(1月)なので、夏にどれだけ熱くなるか……ちょっと未知数です。

価格は17,900円。USB-Cハブの中では高めですが、ほとんどのドッキングステーションよりは安いという絶妙な価格設定。

家でドッキングステーション的な使い方もできますし、外に持ち出すことも可能。家でも外でもこれ1台で済ませばコスパは良いです。

UGREEN Revodok pro 313 の感想まとめ

UGREEN Revodok pro 313
UGREEN Revodok pro 313
メリット
デメリット
  • 13個ものポートを搭載
  • 大きいけど軽い(約230g)
  • Windowsなら最大3画面出力
  • ドッキングステーション買うよりコスパ良いかも
  • USB-Cポートが少ないかも
  • USB-Cポートは映像出力には対応していない
  • Thunderboltポートはない
  • Windowsは最大3画面まで出力可能。Macは実質1画面まで

これほどポート数が多いUSB-Cハブはなかなか無いと思います。

USB-Cポートでは映像出力しないしThunderboltも特に必要ない、という人は結構多そうですし、ありそうでなかったUSB-Cハブになりそうな予感。

関連記事:こちらのドッキングステーションもどうぞ

UGREEN Revodok pro 313レビュー記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!
Contents