【ガジェット回想録】ソニーのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-EX31BN」を手放した

セール情報:2021/10/22更新

音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」が、3ヶ月無料キャンペーン開催中!

普段は初回1ヶ月無料ですが、今なら3ヶ月無料に拡大中。

3ヶ月の無料体験中に解約すれば、料金は発生しません。解約もすごく簡単。以下の記事で手順を説明しています。

【関連記事】「Amazon Music Unlimited」を解約する方法。解約しても最終日まで聴けるのが嬉しいサービス

対象者…新規会員登録者

【3ヶ月無料】Amazon Music Unlimitedキャンペーン開催中

自分には合わなかったり、あるいは役目を終えてしまったり。いろいろな理由はあるけれど、最終的に手放すことにしたモノ・ガジェットを回想する記事。

ソニーのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-EX31BN」を手放しました

2015年に購入して以来、そこそこ高頻度で使っていたけど、ついにその役割を他デバイスに譲ることになりました。良いイヤホンだったのですけど、時代の流れは完全ワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンですからね…。

約5年近く使えたので十分でしょう。お疲れ様でしたということで、「MDR-EX31BN」を回想してみます。

目次

良いイヤホンだった。ソニーの「MDR-EX31BN」

こちらがソニーのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-EX31BN」。

ソニーのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-EX31BN」

本体とスマホをBluetoothで接続して使います。

つまりスマホと本体はワイヤレスですが、本体とイヤホン間はワイヤード。なんだか中途半端なイヤホンに見えますが、2013年に発売されたイヤホンであることを考えると妥当な気もしますね(僕が購入したのは2015年)。

MDR-EX31BNの本体部分

本体にはクリップが付いていて、胸ポケットやカバンなどに挟んで使います。

再生・停止や音量の上げ下げ、曲送り・曲戻しも本体で操作できるのが便利でした。いちいちスマホを取り出さなくていい。今やユーザーの多いAirPodsは、スマホを取り出さないと音量調整できませんからね(Siriに頼めばできるけど…)。

MDR-EX31BNのクリップとボタン

しかも「ノイズキャンセリング」付き。十分すぎる機能性じゃないですか。2013年発売ですよ? ついでに言うと、当時約8,000円で購入しました。性能、コスパともに優秀でしょ…!

ただし付属のイヤホンを使わなければノイズキャンセリング効果は得られません。付属イヤホンの外側から周波数的なものを出して、周囲の騒音を消しているわけですね。

しっかり実感できるくらいのノイズキャンセリング効果がありました。電車やカフェの騒音をいい感じに消してくれる実力派です。

MDR-EX31BNのイヤホン

付属イヤホンじゃないとノイズキャンセリングは効かない

気になるところもあった

良いイヤホンでしたが、気になるところもあります。

イヤホンのコードの長さが左右で違うのがちょっと…。最近あまり見かけなくなった気がしますが、ちょっと前はこういうコードありましたよね!?

MDR-EX31BNのイヤホンコードの長さ

左右で長さが違うイヤホンコード、あったよね…

右耳のイヤホンコードを、首のうしろにグルっと回して使うタイプ。首周りにコードがちょっと鬱陶しいなぁと思いながら使っていましたね。

実は今でも現役で販売中

思い出語りのせいで、すでに生産停止してしまったような雰囲気を出しているけど、実は今でもAmazonやソニーストアで販売されています

まだ現役バリバリのイヤホン。2013年に発売されて、2019年末も販売中ってかなりのロングセラーですよね。

MDR-EX31BNの購入画面

今も買えるよ!

今も現役で使用中の人はいるはず。まだまだ実用に耐える性能のイヤホンです。

ソニー「MDR-EX31BN」の出番がなくなった理由

良いイヤホンだったソニー「MDR-EX31BN」を使わなくなった理由。

時代の流れは残酷なのです…。まず2017年ぐらいにBOSEのノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドホン「QUIETCOMFORT 35」を手に入れてから、使用頻度が減りました。

これはもう仕方がありません。ノイズキャンセリングが付いていて、そのうえワイヤレスヘッドホンですからね。性能では上位互換みたいなところがあるので…。

MDR-EX31BNとQUIETCOMFORT 35

それでも携帯性では、ソニー「MDR-EX31BN」に軍配が上がっていました。BOSEヘッドホン「QUIETCOMFORT 35」はデカくて重い。

しかし「AirPods Pro」を手に入れたことで、その座を完全に譲り渡すことになります。

もう仕方ないでしょ…。AirPods Pro…突如として登場し、他のイヤホンを屠りしほふりし者…(異論は認めます)。完全ワイヤレスでノイズキャンセリングも付いてて、携帯性においても上位互換となるイヤホンが出てきてしまった以上、「MDR-EX31BN」の出番はなくなってしまいました。

MDR-EX31BNとAirPods Pro

ちなみにノイズキャンセリングの性能を比べてみたのですが、AirPods Proのほうが周囲の騒音をよく消してくれます。個人的にはノイズキャンセリングの効きの良さは大事だと思っているので、もうこれで完全に「MDR-EX31BN」を使う理由がなくなってしまいました。

もちろん、ソニー「MDR-EX31BN」とAirPods Proの単純比較はできません。価格が約4倍も違うので…!

さらば「MDR-EX31BN」

MDR-EX31BNとiPhone

BOSE「QUIETCOMFORT 35」やAirPods Proを手に入れたことで、「MDR-EX31BN」は使う機会がなくなってしまったという話でした。

…いや、僕がこの記事で言いたかったことは、「MDR-EX31BN、ほんと良かったんだよね」かもしれません。強力すぎるライバルや時代の流れによって使わなくなってしまったけれど、いいイヤホンだったのですよね…! ということを回想しておきたかったような気がします。


 
▼AirPods Proについて

あわせて読みたい
「AirPods Pro」の感想。あの日夢見たAirPodsが「 Pro」になった AirPods Proを購入しました。 すでにたくさんのメディアやブロガー、YouTuberがレビューをあげているので、当記事では思いっきり個人的な感想・体験に振り切って書いて...
あわせて読みたい
「AirPods ProをMacで使う」ときの使用感、メリット、デメリットなど。やっぱり相性は良いです AirPods ProはiPhoneで使うもの――という固定観念があるのでは。 日々AirPods Proを使っていく中で、MacBookとの相性もいいな!と思いました。「AirPods ProとMac」って...
あわせて読みたい
テレワークに「Airpods Pro」が意外と向いている4つの理由 テレワーク(リモートワーク)の人も増えてきている今日このごろ。家での仕事を快適にするため、いろいろ工夫している人も多いいと思います。 僕もテレワークを快適にす...

買い物前に。
Amazonギフト券チャージでポイント還元

Amazonギフト券チャージでポイントが還元されます。普通に買い物するよりもちょっとお得

■ポイント還元方法は、以下2パターン

  1. 通常会員&プライム会員「現金チャージ
    ちょっと面倒だけど還元率が高め
  2. プライム会員限定「クレジットカードでチャージ
    便利だけど還元率は低め

簡単に解説。

①還元率の高い現金チャージ
(クレカ使用不可)
Amazonギフト券現金チャージのポイント還元
  1. Amazonギフト券チャージタイプを現金で5,000円以上チャージ(クレジットカード不可)
  2. コンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれかで支払う
  3. 通常会員は最大2%還元。プライム会員は最大2.5%還元。

Amazonギフト券「現金チャージ」はこちらから

②還元率低めだけど便利
クレジットカードチャージ
Amazonギフト券クレジットカードチャージのポイント還元

プライム会員限定です。

  1. Amazonギフト券チャージタイプ5,000円以上購入
  2. クレジットカードで支払う
  3. 0.5%還元(ギフト券5,000円分なら25ポイント返ってくる)

Amazonギフト券「クレジットカードチャージ」はこちらから

関連記事

目次
閉じる