極小サイズの持ち運びやすいSSD「FlashGet」レビュー。出先で写真や動画ファイルを使う人へ

  • 2019年11月24日
  • 2019年12月4日
  • GADGET

最近はクラウドストレージが充実していますが、「持ち運びやすいローカルストレージ」が1つあるとやっぱり便利。

世界最小クラスをうたうSSD「FlashGet(フラッシュゲット)」が、クラウドファンディングサイトで公開中。まるでUSBメモリのようなサイズ感(わずか20g)で、容量1TBまで対応しています。要するに、どこにでも持っていける超小型SSDです

ローカルストレージであれば、Wi-Fiが弱いところでも快適にデータ管理ができますからね。安心感が違う。出先で写真や動画ファイルを扱いたい人には重宝しそうです。というか個人的にかなり重宝しました!

※本レビューはメーカー様からのサンプル提供で作成しています。

手のひらに収まるSSD、「FlashGet」

こちらが世界最小クラスのSSD「FlashGet」。

最小クラスのSSD「flashget」

USBメモリのようなSSD「flashget」

見た目はUSBメモリっぽいけど、中身はSSDです。

本体にはUSB-A端子が付いていますが、USB-C変換アダプタも付属しています。最近のMacBookや、Google Pixel4などのスマホ、iPadなどのタブレットにも接続できます

flashgetと変換アダプタ
写真はUSB-C変換アダプタ(Micro-USB変換アダプタもあります)

すでに文字通り持ち運び用のSSD製品(いわゆるポータブルSSD)はたくさん販売されていますが、それらと比べても今回の「FlashGet」は非常に小さい部類

flashgetとMacBookを接続

現在、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で出資を募集中。すでに目標金額を上回る支援を獲得するに人気っぷりです。

20g/70mm超軽量ポケットサイズを実現した世界最小クラスSSD「FlashGet」 | GREEN FUNDING

「FlashGet」が便利なところは以下。

FlashGetの便利なところ

  • とにかく小さい
  • SSDなのでデータ転送が爆速
  • ローカルストレージはやっぱり便利
  • 容量は最大1TB
  • PC・スマホ・タブレット等、デバイスを気にせず使える

順番にさらっと説明していきます。

最小クラスのSSD「FlashGet」の良さ

とにかく小さい

どこに持っていくにも、邪魔にならない小ささ。

flashgetのサイズ

サイズは以下。まぁUSBメモリみたいな感じだと思ってもらって大丈夫です。非常にコンパクトで、旅行や出張にも気軽に持っていける大きさですね。

  • 縦…7cm
  • 横…2.3cm
  • 厚み…1cm
  • 重さ…20g

SSDなのでデータ転送が爆速

写真や動画などの大容量ファイルの転送も早い。

公式では、以下のような読み書き速度になっていました。

読み込み速度…500MB/s
書き込み速度…260MB/s

実際に測ってみると、読み込み速度414MB/s、書き込み速度198MB/sほど。じゅうぶん早い速度だと思います。

flashgetの読み書き速度

僕は出先で写真ファイル(とたまに動画も)を扱うことがあり、実際とても便利に感じました。写真はRAWファイル(jpegより容量がでかいファイル)なので、転送速度が早いほうが圧倒的に快適なんですよね。

「出先で一時的にデータを保存しておくSSD」としては、まったく問題ない性能かと思います。

ローカルストレージはやっぱり便利

クラウドストレージを使っている人は多いと思うのですが…、「持ち運びやすいローカルストレージ」は1つ持っているとやっぱり便利

その場のWi-Fi速度に関係なく、常に爆速でデータ転送できますからね。いつも最速のWi-Fiに接続できるとは限りません。遅いWi-Fi使ってクラウドストレージでデータを扱うのは、結構ストレスなんですよね…。

ローカルストレージの扱いやすさ

今やクラウドストレージ全盛期だと思いますが、Wi-Fi環境が伴わなければクラウドも活かしきれません。

個人的には、原点回帰的にローカルストレージの良さに気付かされる製品でしたね。

容量も大きい。最大1TB

容量のラインナップは以下4つ。1TBあれば動画ファイルを扱う人も結構戦えるのでは。

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB

「USB-A & USB-C & Micro-USB」に対応。スマホ、タブレットでも使える

本体はUSB-A端子付き。

加えて、「USB-C変換アダプタ」と、「Micro-USB変換アダプタ」が用意されます。

flashgetとUSB-C変換アダプタ
写真はUSB-C変換アダプタ

最近はUSB-C端子も増えてきましたね。PCはもちろん、スマホやタブレットでも使えます。Google Pixel4などのスマホはUSB-C端子ですし、あと最新のiPadもUSB-C端子を採用していますね。そういったデバイスでも利用できます。

またPS4やXBOXでも使えるとのこと。ゲーム機で使うと、ロード時間が短くなってちょっとストレスが減りそうですね。

ケーブルが不要。USBメモリのように直挿しで使える

ここも地味に便利なポイント。

一般的なポータブルSSDは、USBケーブルで接続しますよね。しかし「FlashGet」は直挿し。別途ケーブルを持ち運ばなくていいのは正直ラクです。

flashgetはケーブルがいらない

防水・防塵規格「IP55」

雨やホコリがちょっとかかる程度であれば、問題ないです。

土砂降りや水没は、さすがにアウトですけど…。持ち運び用SSDとしてはじゅうぶんな耐久性。

flashgetはある程度の防塵防滴

システム起動ディスクとしても使える

事前にMac OSやWindowsをインストールしておくことで、OS起動ディスクとしても使えるそうです。

flashgetでシステムを起動

「FlashGet」の気になるところはある?

大きな問題点はないと思います。強いて気になるところを挙げるとすれば…

  • 小さいから紛失しやすいかも
  • フタと変換アダプタも紛失しやすそう

ってことぐらいでしょうか。まぁこれは「FlashGet」に限らず、小さいもの全般に言えることですけどね。

本体の底にストラップホールがあるので、何かストラップを付けておくといいかもしれません(でも最近ストラップって見なくなりましたね…?)

flashgetのストラップホール
ストラップホールがあります

鍵に付ければ失くさないかなと思って、こういうリングを取り付けようとしたんだけど…ちょっとストラップホールが奥まっているせいで、取り付けられませんでした。

flashgetとストラップホール
鍵によく付けるリングは付けられなかったけど…

あと変換アダプタが必要であれば、忘れずに別途持ち運ぶ必要があります。変換アダプタがなくてMacBookに挿せない…なんてことにならないように。

USB部分を保護する「フタ」も分離するタイプなので、失くさないようにご注意を。まぁ気になったのはこれぐらいかな!

flashgetと変換アダプタとMacBook

「FlashGet」の金額

クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で以下の金額を支援すると、該当する容量の「FlashGet」を購入できます(記事執筆時)。

早期に支援すると割引が大きくなる仕組みです。

  • 128GB…7,980円
  • 256GB…11,350円
  • 512GB…15,800円
  • 1TB…22,306円
  • 変換アダプタ…699円

「持ち運べるSSD(ポータブルSSD)」としては、それほど安いわけではありません。まぁクラウドファンディングというのはまだ製品開発段階ですから、コスパを求めるのはちょっと間違いですかね…。価格設定については仕方ないところはあります。

ただし見方を変えれば、そこまで高いわけでもありません。

例えば「MacBook Air」の容量を128GBから256GBにアップグレードすると、プラス2万円かかります。ならば、その2万円で512GBの「FlashGet」を購入する…そんな選択肢も見えてきそうです。

MacBookAirのSSDアップグレード価格
内蔵SSDのアップグレードは結構高い

もちろん、内蔵ストレージの容量が多ければ、そもそも外部ストレージを持ち歩かなくていいので単純にいろいろラクです。

一方、「FlashGet」であればPCだけでなく他デバイスでも横断的に使えるといったメリットがあります。

一長一短であり「絶対こっちのほうがメリットがある」とは言えませんが、パソコンの内蔵ストレージをアップグレードするなら「FlashGet」を検討したほうがコスパは良さそうですね。

MacBookとflashget

クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で支援した場合、予定配送時期は2020年2月上旬です。

スペックが良く、持ち運びやすい小型SSD「FlashGet」

MacBookに接続したflashget

ここまでコンパクトで軽いSSDは、なかなか見当たりません。持ち運ぶことを考えるなら、サイズと重さは大事ですね。

性能も申し分なし。SSDの転送速度、めちゃくちゃ快適です…!

旅行や出張が多い人には最適なガジェットでしょう。気になる人は以下のクラウドファンディングサイトをチェックしてみてください。

20g/70mm超軽量ポケットサイズを実現した世界最小クラスSSD「FlashGet」