あえて電源ケーブルがある充電器、RAVPower「RP-PC136」レビュー。軽量コンパクトで4ポートは使い勝手がいい

RP-PC136のレビュー

あえて電源ケーブルがある充電器。

今や「コンセントに直接挿す充電器」が主流ですが、今回はあえて「電源ケーブル付きの充電器」を購入してみました。

RP-PC136

電源ケーブルがあると、コンセントが奥まったところにあるホテルの机とか、和室の壁の床上10cmにあるコンセントとか、微妙な位置にあるコンセントに挿しやすいです。運用しやすいですね。

4ポートもあるのに軽くてコンパクトで、持ち運びやすいのも良いところ。

■RAVPower「RP-PC136」の良いところ

  • 軽くてコンパクト。重さ250g
  • 充実の4ポート(USB-C×2、USB-A×2)
  • 最大65W出力で、13インチMacBook Proも充電可
  • 電源ケーブルがあるので、奥まったコンセントにも挿しやすい
RAVPower PD 充電器 TypeC急速充電器 65W高出力 【GaN(窒素ガリウム)採用/4ポート搭載(USB-C×2 USB-A×2)/PSE認証済】iPhone/iPad/MacBook/Android等対応 RP-PC136
RAVPOWER

目次

RAVPowerの「RP-PC136」、軽量コンパクトで4ポートは使い勝手がいい

RAVPower製の「RP-PC136」というアイテムです。

MacBook Proも充電できる超小型・軽量の61W充電器」として話題になった、あのRAVPower製ですね。

RP-PC136

MacBookやスマホ、タブレットなど各デバイスを最大4つ同時に充電できます。

RP-PC136とMacBook

RP-PC136と4ポート充電

同時に4つ充電

4ポートの充電スピード等

充実の4ポート。

個人的にはUSB-Cポートが3つ、USB-Aポートは1つぐらいで良いかなと思いますが、まぁ無難に2個ずつで使い勝手いいです。

  • USB-C × 2個
  • USB-A × 2個

rp-pc136の各ポート

合計65W出力。あくまで合計で65Wです。

上下左右にスクロールできます

1ポート使用時 2ポート使用時 3ポート使用時 4ポート使用時
USB-Cポート ①
PD(Power Delivery)
最大65W 45W 18W 18W
USB-Cポート ②
PD(Power Delivery)
18W 18W 18W
USB-Aポート ①
QC(Quick Charge)
18W 12W
USB-Aポート ②
QC(Quick Charge)
12W

つまり、USB-Cポートを1つだけ使用すると最大65W。13インチMacBook Proも充電できます。

3ポート以上使うとUSB-Cポートが18Wまで下がってしまうので、MacBook Airの充電も少し時間がかかるようになります。

RP-PC136の4ポート充電

4つ充電すると各18Wずつになる模様

まぁ複数ポート充電器はこういう仕様になるものなので、仕方ないですね。

デバイスの優先度を決めて充電していくのが良さそうです。

ちなみに、充電中は緑色のLEDが点灯します。

RP-PC136の充電中のLED

充電中は緑のLEDが光る

本体サイズはコンパクト。重量は250g

本体はなかなかコンパクト。

  • 幅…7.5cm
  • 高さ…4.1cm
  • 奥行き…4.1cm
RP-PC136の本体サイズ

なかなかコンパクト

重さは約250gです(電源ケーブル込み)。

Amazonの商品ページRAVPower公式サイトを見ると重量160gって書いてあるのですが……、これは本体のみの重さですね。

電源ケーブルがないと使えないのですから、電源ケーブル込みで重量「250g」と考える必要があります!

RP-PC136の総重量

ケーブル込みで約250g

RP-PC136の重量

本体だけだと約165gぐらい

電源ケーブルの長さとか

電源ケーブルは、いわゆるメガネケーブルと言われるタイプ。

長さは150cmです。

RP-PC136の電源ケーブルの長さ

電源ケーブルの長さは約150cm

電源ケーブルを束ねるマジックテープ式のバンドが付属。

これはありがたいですね。

RP-PC136のマジックバンド

電源ケーブルはマジックバンド付き

電源ケーブルは着脱できます。

持ち運ぶときは外して、カバンの中で邪魔にならないように。

RP-PC136の電源ケーブルについて

RP-PC136の電源ケーブルについて

電源ケーブルは着脱可能

RAVPower PD 充電器 TypeC急速充電器 65W高出力 【GaN(窒素ガリウム)採用/4ポート搭載(USB-C×2 USB-A×2)/PSE認証済】iPhone/iPad/MacBook/Android等対応 RP-PC136
RAVPOWER

電源ケーブルがあることのメリット・デメリット

コンセントに直接指す充電器が多いなか、電源ケーブルなんて必要でしょうか。

一般的には煩わしいとされる電源ケーブル、そのメリットとは……?

コンセントで干渉しないから、運用しやすい

これですよね。コンセントに挿すとき、隣のデカイACアダプタ等と干渉しない。だから運用しやすい。

ホテルの卓上コンセントって奥まったところにあっても、隣のアダプターがデカくても問題なし。

RP-PC136とコンセント周り

干渉しないの例!

また、「RP-PC136」と各デバイスを繋ぐUSBケーブルは、短くても問題ありません

長さ150cmの電源ケーブルがあるおかげで、「RP-PC136」本体をPC・スマホの近くに置けます。USBケーブルは短くても問題ないことが多いですね。

RP-何とかなるとMacBook

USBケーブルが短くても何とかなる

こういう短いUSBケーブルは、モバイルバッテリーでスマホを充電するときに重宝します。

「RP-PC136」の電源ケーブル、便利かどうかは使い方次第

RP-PC136で充電

一見すると余計な荷持でしかない電源ケーブルですが、シチュエーションによっては意外と便利だったり。

どちらが良い悪いというよりは、「直挿し充電器」と「電源ケーブル付き充電器」を状況に応じてうまく使い分けたいところ

個人的に「RP-PC136」ぐらい軽くてコンパクトだったら、持ち運びにも困りません。カフェやコワーキングスペース、あるいは旅行とかにコレ1つ持っていけば、ストレスなく充電できそうです。

RAVPower PD 充電器 TypeC急速充電器 65W高出力 【GaN(窒素ガリウム)採用/4ポート搭載(USB-C×2 USB-A×2)/PSE認証済】iPhone/iPad/MacBook/Android等対応 RP-PC136
RAVPOWER

その他、4ポート以上ある充電器

「やっぱり充電ケーブルはいらないわ」という人は、直挿し高出力の充電器が良さ気。

LilNob

最大65W。
重さは約112gとかなり軽い。もちろんプラグ折りたたみ式でスマート。

USB-Cポート×3、USB-Aポート×1という構成も、今や需要あるのでは?

AUKEY 最大100W

最大100Wの高出力が頼もしい。

ただし高出力ゆえに、重量は260gとそれなり。

折りたたみ式プラグ採用。充実の4ポート(USB-C×2、USB-A×2)。

PD 充電器 AUKEY usb充電器 (100W PD対応 4ポートUSB-C×2 USB-A×2 急速充電器) Power Delivery3.0対応/折畳式/PSE認証済 iPhone 12 / 12 Pro / 12 Pro Max /12 Mini /iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max、 iPad Pro、MacBook Air、SwitchなどUSB-C機器対応
AUKEY
RP-PC136のレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次
閉じる