「Amazonブラックフライデー」
お得なキャンペーンまとめ

iPadにくっつく格安ペン「KINGONEスタイラスペン」レビュー。2,000円台で買えて、手書きメモならじゅうぶん

Apple Pencilを買おうか迷ってたけど、これでいいや!

Amazonで販売されていた、サードパーティ製の「Apple Pencil風スタイラスペン」がなかなか良い感じでした。iPadの側面にマグネットでくっつくから持ち運びやすく、Apple Pencilライクな見た目も気に入りました。USB-C充電に対応しているのも嬉しい。

そのうえ価格は2,000円台(記事執筆時の価格)。Apple Pencilは15,950円(税込)ですからね。約1/6ぐらいの価格で購入できる。安い

絵を描かない人にとっては、これで必要十分な気がします。手書きのメモやノートを取るぐらいなら、まったく問題ない印象。

目次

iPad用マグネット付き格安ペン「KINGONEスタイラスペン」

iPad miniとサードパーティ製スタイラスペン

iPad mini(第6世代)の購入を機に、初めてのApple Pencilを買ってみようかなと思ったのですが……、絵は描かない(下手で描けない)のに、こんな高価なスタイラスペンを買う必要あるのか?という思いが大きくて、なかなか踏ん切りがつかずにいました。

そんなとき、試しに購入したのが、この「KINGONEスタイラスペン」。2,000円台だし(記事執筆時で2,209円)、もし失敗しても許容できるかな……ぐらいの低い期待値で購入してみました。

結果的には、これで正解でした

手書きメモを書くぐらいなら、十分だと思っています。たぶん、もうApple Pencilは買わないでしょう。この「KINGONEスタイラスペン」の良いところは、こんな感じ。

この格安ペンの良いところ
  • iPad にマグネットでくっつく
  • USB-C充電
  • バッテリー、結構もつ
  • 転がらない
  • 電源ON/OFFはワンタッチ(5分放置で自動OFF)
  • iPhoneでも使える(Apple PencilはiPhoneで使えない)

順番に、もう少し具体的に書きます。

iPadにマグネットでくっつく

第2世代Apple Pencilと同じように、iPadの側面にマグネットでくっつきます。iPadと一緒に持ち歩ける!

遠目で見たら、Apple Pencilと区別つかないのでは?それくらい本物っぽい。

iPad miniとマグネットでくっつくペン
マグネットでくっつく

磁力も不満はないですね。不意に外れてしまう心配もなさそうなくらい、かなりしっかりくっつきます。

iPad miniをちょっと振ったぐらいでは飛んでいきません、それぐらいちゃんとくっついてますね。

普通によく書ける

実はこのペン、Bluetooth接続ではないんですよ。普通のスタイラスペン(タッチペン)です。

それでも、文字や図形ぐらいならまったく問題なく書けます。とりあえず、iOSの標準メモアプリを使ってみました。これで十分じゃない?ってぐらい、手書きアプリとしてもよく出来てますね。

iPad miniに手書きする

せっかくスタイラスペンを手に入れたので、手書きノートアプリの決定版として名高い「GoodNotes 5」も購入してみました。980円の有料アプリです。

ペンの種類や色分けが豊富で、フォルダ構造のおかげでノートの整理もしやすいです。さすが。980円はちょっと高いと感じるかもしれないけど、評判がいいアプリだけはありますね。

iPad miniとGoodNotes 5

USB-C充電

このペンもiPad miniも、USB-Cで充電できます

統一された1つのケーブルで充電できるって最高ですね……! iPhoneだけだよ

充電中はちょっとかっこ悪いかもしれないけど、第1世代のLightningポートにぶっ刺すApple Pencilよりマシですかね……。

ちなみに第2世代Apple Pencilは、そもそも充電ケーブルを挿す必要すらありません。iPadにくっつけると、Apple Pencilをワイヤレス充電できるんですよね。さすがに純正だけあって便利そう。

第2世代Apple Pencilは、iPadにくっつけるだけでワイヤレス充電できます。ケーブルすら必要なし。

バッテリー、結構もつ

Amazon商品ページの説明によると、1.5時間でフル充電。20時間の連続使用ができるとのこと。

体感的にも、バッテリーは結構持つように感じます。

iPad miniとスタイラスペン

ただ、バッテリー残量がまったくわからないのは気になるところ。iPad上でもペン本体のLEDでも、バッテリー残量はわかりません。

必要なときに充電切れで書けない、という場面も出てきそうです。定期的にUSB-Cケーブルを刺して充電しておかないといけないのは、ちょっと面倒かもしれません。

転がらない

1辺が平らになっているので、転がりません。地味にありがたい!

転がらないスタイラスペン

電源ON/OFFはワンタッチ(5分放置で自動OFF)

ペンの後ろに触れると、電源ON/OFFを切り替えられます。

ONにすると青いLEDが光り、OFFにすると消えます。ON/OFF状態が一目瞭然。

サードパーティ製Apple Pencilの電源ボタン

後部のスイッチは、タッチ式です。クリック感はまったくありません。

さらに手だけでなく、服とかに触れただけでもON/OFFが切り替わります。めちゃくちゃ反応いい。ただ反応が良すぎて、気付いたらONになっていることが何回かありました。勝手に電源ONになっても、5分放置すると自動的にOFFになります。無駄なバッテリー消費を抑える仕様はありがたい。

ちなみに第2世代Apple Pencilは、そもそも電源をON/OFFにする必要すらありません。純正はさすがに便利。使う前に電源をONにする、というひと手間さえ不要。

第2世代Apple Pencilは、そもそも電源ON/OFFの操作すら必要なし。iPadから取り外したらすぐ使えます。

予備のペン先が3つも付属

ペン先は消耗品です。最初からその予備が3つもあれば、相当長い期間、使い続けられるでしょう。

サードパーティ製Apple Pencilの予備のペン先

ただ、たまに手書きする程度なら、あまり摩耗しないように思います。

問題は、この予備のペン先を失くさないように保管しておくことかもしれません笑

付属品一覧。マンガ家が使っていそうな手袋つき

こちらが付属品の一覧です。

本体、取説、予備のペン先3つ、充電用のUSB-C to Aケーブル。そして黒い手袋……。

この……マンガ家が付けていそうな手袋、何ていう名称なんですか!?

マンガ家の手袋
マンガ家みたいな手袋

というわけで僕は絵を描かないので使いませんが、まぁこういう手袋も付属していますよっという話でした笑

iPhoneでも使える

Apple Pencilが使えるのは、iPadのみです。実はiPhoneでは使えません。

しかし、この格安ペンはiPhoneでも使えます

サードパーティ製Apple PencilとiPhone

そのうえBluetooth接続ではない普通のスタイラスペンなので、iPad・iPhone間のペアリング切り替えも不要。すぐに書き始められます。

仕事のPDFに書き込みを入れたり、ちょっとアイデアをメモしたりと、便利な場面もありそう。

また「iPhone + ペン」のほうが打ち合わせやカフェでの大げさ感?威圧感?ドヤ感?みたいなものがないので、「11インチiPad + スタイラスペン」よりも使いやすい場面もあるかもしれませんね。

この点、「iPad mini + スタイラスペン」ってちょうどいい大きさで、この大げさ感?ドヤ感?がかなり緩和されるので、いい組み合わせだなと思っています。まぁMacBookやiPadを長いこと使ってきた人は、他人の目なんて気にしないかもしれませんが笑(僕も気にしない)

Apple Pencilと格安ペンの比較表

この格安ペンとApple Pencilを比べると、以下のような感じ。

スクロールできます
格安ペンApple Pencil
筆圧検知なしあり
電源ON/OFF後部をタップiPadから取り外すだけ
充電USB-CiPadに取り付けるだけ。
ワイヤレス充電
本体ダブルタップ操作なしあり
iPhoneでも使える?使える使えない
価格2,000円台15,950円

格安ペンの気になるところ

Apple Pencilと比べると、格安ペンの気になるところは以下ですね。

  • 充電がめんどくさい。USB-Cケーブルで充電できるのは嬉しいけど、そもそも充電を意識しなくて済むならそれに越したことはない。
  • 電源ボタン(タッチ式)の反応が良すぎて、気付かないうちに触れて電源がONになっていることがある。放置すれば5分で自動的に電源OFFになるけど、ちょっと気になる。
  • ペン本体のダブルタップ操作はない
  • 筆圧検知はない。絵を描くなら必要かも?

どれも決定的な欠点ではないと思いますが、Apple Pencilに比べると気になるところは出てきます(価格差が大きいので細部で機能差があるのは当たり前だけど)。

こういった少し面倒な点を許容できるなら、買って損はないかなと思います。

ちゃんと手書きできて、マグネットでくっついて、USB-Cで充電できて、2,000円台という価格は魅力的

ちょっと余談:僕のiPad mini運用

やや余談ですが、僕は「iPad mini + 格安ペン + 折りたたみキーボード」で運用しようと思っています。

「11インチiPad Pro + Smart Keyboard Folio」のミニマル版みたいな感じになり、結構気に入っています。

iPad miniと折りたたみキーボード

また今回購入した折りたたみキーボードも、USB-Cで充電できるんですよね。嬉しい! この組み合わせなら、iPad miniも格安ペンもキーボードも、すべてUSB-Cで充電できます。

キーボードについて詳しくは、また別途レビュー記事を書きたいと思います。購入した製品は以下です。

iClever 折りたたみ式キーボード IC-BK26

まとめ:絵を書かないなら機能十分な廉価版Apple Pencil、みたいな感じ

iPad miniと格安スタイラスペン

絵を描く人には役不足だと思います。が、絵を描かないなら、このペンで機能十分な気がします。

あとは手書きメモの頻度も考慮に入れるべきでしょう。手書きで日記やマインドマップなどを毎日ガッツリ書くよ〜という手書きの頻度が高い人は、ちょっと高いけどApple Pencilを買っておくほうが幸せになれそうです。なんだかんだで高価なだけあって、Apple Pencilのほうが細かいストレスがないはず。小さなストレスも長時間積み重なると、無視できない大きさになりますからね。

個人的にiPadは、情報収集やインプット・エンタメデバイスとして使っています。手書きの頻度はそこまで高くないので、これで十分だな!という気持ちになっています。

僕と同じように、たま〜に手書きする程度であれば、マグネットでくっついて、USB-Cで充電できて、2,000円台の格安ペンはいい選択肢になりそうです。


▼こちらはペン先に「傾き感知機能」もついているモデル。3,000円台。黒色もある!


▼純正Apple Pencil

買い物前に。
Amazonギフト券チャージでポイント還元

Amazonギフト券チャージでポイントが還元されます。普通に買い物するよりもちょっとお得

■ポイント還元方法は、以下2パターン

  1. 通常会員&プライム会員「現金チャージ
    ちょっと面倒だけど還元率が高め
  2. プライム会員限定「クレジットカードでチャージ
    便利だけど還元率は低め

簡単に解説。

①還元率の高い現金チャージ
(クレカ使用不可)
Amazonギフト券現金チャージのポイント還元
  1. Amazonギフト券チャージタイプを現金で5,000円以上チャージ(クレジットカード不可)
  2. コンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれかで支払う
  3. 通常会員は最大2%還元。プライム会員は最大2.5%還元。

Amazonギフト券「現金チャージ」はこちらから

②還元率低めだけど便利
クレジットカードチャージ
Amazonギフト券クレジットカードチャージのポイント還元

プライム会員限定です。

  1. Amazonギフト券チャージタイプ5,000円以上購入
  2. クレジットカードで支払う
  3. 0.5%還元(ギフト券5,000円分なら25ポイント返ってくる)

Amazonギフト券「クレジットカードチャージ」はこちらから

関連記事

目次
閉じる