「Amazonブラックフライデー」
お得なキャンペーンまとめ

USB-C充電! iCleverの折りたたみキーボード「IC-BK26」をiPad miniで使う

2021年9月に発表されたiPad mini(第6世代)を購入しました。いや〜良い! めちゃくちゃ気に入っています。最高……なのですが、強いて欠点を1つ挙げるとすれば、キーボード付きケースが無いことでしょうか。

iPad Pro/Air用の「Smart Keyboard Folio」のような、キーボード付きケースがiPad miniには無い! iPad miniを小型ノートPCのように使いたい場面もあり、物理キーボードが欲しいなと思っていました。

できれば軽量コンパクトで、iPad miniと同じくUSB-C端子で充電できるキーボードがいいな……、と思いながら探しまわり、見つけたのがiCleverの折りたたみキーボード「IC-BK26」。さっそく購入してみました。

目次

iCleverの折りたたみキーボード「IC-BK26」レビュー

iCleverは、キーボードやマウス、充電器などのデバイスを20数か国に向けて展開しているブランド。折りたたみキーボードが結構有名な気がします。そこから発売されているのが、こちらの「IC-BK26」。

iCleverの折りたたみキーボード「IC-BK26」とiPad mini

キーボード配列は、これ1種類。

なんだかUSキーボードっぽい配列ですね。印字がアルファベットだけなので、見た目スッキリなのは好印象。僕は普段パソコンで日本語配列を使っているのですが、この配列でもすぐに慣れました。

iCleverの折りたたみキーボード「IC-BK26」

中央から2つ折りにできる、折りたたみ式キーボードです。

iCleverの折りたたみキーボード「IC-BK26」を折りたたむ

キーボードの両端にマグネットが内蔵されていて、磁石の力でパタンと閉じます。カバンの中や持ち運び中に、意図せず開くことはなさそう。

マグネットの力でパタンと閉じる

折りたたんだときのサイズ感

折りたたんだときのサイズは、これぐらい。

  • タテ…約10.2cm
  • ヨコ…約14.3cm
  • 厚さ…約2.4cm

折りたたみキーボードにしては、ちょっと分厚いほうかな、と思います。

「IC-BK26」の折りたたみサイズ

もっとも分厚いヒンジ部分が、約2.4cmです。

ちょうどタテの長さが、iPhone XSと同じぐらいでした。iPhone 11・12・13とも大体同じぐらいですね。サイズ感がイメージしやすいのではないでしょうか。

広げたときのサイズ感

広げたときのサイズは、これぐらい。フルサイズキーボードよりは小さいです。記事の後半で、他のキーボードとサイズ比較をしています。

  • タテ…約10.2cm
  • ヨコ…約27.1cm
  • 厚さ…約1.2cm
「IC-BK26」を広げたときのサイズ

重さ

重さは、 約183gでした。

折りたたみキーボードの重さ

充電ポートはUSB-C

そして充電ポートは、USB-C! iPad mini本体もキーボードも、USB-Cケーブルで充電できます。

iClever製品のなかでも、USB-C充電できる折りたたみキーボードは、この「IC-BK26」だけでした(記事執筆時点)。なので、これを購入したというわけ。

折りたたみキーボードのUSB-Cポート

ついでに、USB-Cで充電できる格安スタイラスペンもレビューしているので、気になる方はどうぞ。これでiPad mini本体とキーボードとペン、すべてUSB-Cで充電できます。

iPadにくっつく格安ペン「KINGONEスタイラスペン」レビュー。2,000円台で買えて、手書きメモならじゅうぶん

また価格は、公式サイトだと税込み3580円ですが、Amazonでは3,380円ぐらい(記事執筆時)。500円オフぐらいのクーポンが発行されていることもあるので、欲しい方はこまめにチェックしておくのがいいかも。

Amazon

折りたたみキーボード「IC-BK26」の実際の使用感について

さて、肝心のキーボードとしての使用感について記載します。

キーボード本体のサイズ比較

さすがにフルサイズキーボードではありません。まぁ折りたたみ式なので、仕方ないですね。

ほかのフルサイズキーボードとサイズ比較してみました。中央が当記事で扱っている「IC-BK26」です。

  • HHKB
  • IC-BK26
  • Magic Keyboard
折りたたみキーボードのサイズ比較

まずは、HHKB(HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨)とのサイズ比較。

やはり、折りたたみキーボードのほうが小さい。4分の3ぐらいのサイズ感でしょうか。

HHKBと「IC-BK26」のサイズ比較

こちらはApple純正キーボード「Magic Keyboard」とのサイズ比較。

当然ながら「IC-BK26」のほうが小さいです。

Magic Keyboardと「IC-BK26」のサイズ比較

実際に手にとって見たり、並べてみた感覚でも、「IC-BK26」は、コンパクトな印象がありますね。

今回はiPad miniに合う軽量コンパクトなキーボードということで購入したので、このコンパクトさはありがたいです。

キーピッチは少し狭め

キーピッチは、約17mm

一般的なフルサイズキーボードのキーピッチは、約19mm。なので、この「IC-BK26」のほうが10%ほど小さい計算になります。

「IC-BK26」のキーピッチ

たった2mmの差ですが、確かに違いを感じます。体感としても、キーがちょっとだけ小さい。

ですが、打ちづらいという程ではない印象ですね。タイプミスもそこまで発生しませんでした。キーボードって慣れの要素が強いので、慣れてくればタイプミスはほぼなくなりそう。個人的には小さいけど打ちづらい程ではない、絶妙なキーピッチだと思いました。

打鍵感は……

打鍵感は、やはり普通のキーボードよりは劣る印象です。打鍵感は「ペタペタ」みたいな感じで、何だかおもちゃっぽい感触。正直、チープな打ち心地と言っていいかもしれません。

また、キーストロークはかなり浅いです。軽量コンパクトを重視した折りたたみキーボードなので、これは仕方ないですね。

「IC-BK26」のキーボード

そして質感は、全体的にプラスチック感がやや強め。まぁ実際にプラスチックで出来ているので、高級感はないと言っていいでしょう。所有欲をそそられるデバイス、とは言えない印象。あくまでコンパクト性を重視した、持ち運びやすい実用的な仕事道具といった佇まいでしょうか。

キーボード自体に傾斜はつけられない

一般的なキーボードは、傾斜を付けるための脚が付いていますが……、「IC-BK26」にはありません。余計なものは省いた軽量コンパクト設計なので、仕方のないことです。

傾斜は付けられず、机に対して平行になります。

「IC-BK26」の傾斜

長文を打つとなれば、傾斜が欲しいところでしょうか。短い文章(ちょっとしたメールやチャット、資料作成)程度であれば、個人的にはそこまで気になりません。

電源ON/OFFスイッチが便利

キーボード側に電源ON/OFFスイッチがあるのは便利。一度ペアリング設定を行えば、次回からは電源をONにすると自動的に接続されます。ペアリングは早く、待たされることはないですね。

「IC-BK26」の電源スイッチ

また、Bluetoothのペアリング台数は3台まで。

切り替えも簡単。「fnキー + Q/W/E」で、接続先を瞬時に切り替えられます。

iCleverの「IC-BK26」のペアリング先を切り替える方法

キーボードの操作感・ショートカットキーなど

文字や数字の入力以外の、操作性について。

ESCキーは、ちょっとクセがあります。ESCキー単体を押しただけでは動作せず、fnキーを押しながらESCキーを押す必要があります。慣れが必要ですね。

「IC-BK26」のESCキーの動作

デリートキーの挙動についても触れておきます。

デリートキーを押すと、左側の文字が消えます。一般的なキーボードの「バックスペース」と同じ挙動ですね。

「fnキー + デリートキー」を押すと、右側の文字を消すことができます。こちらが一般的な「デリートキー」の挙動です。

バックスペースとデリートキーの操作について

まぁこれらは慣れ次第かなぁ……と思いますね。慣れたら手が勝手にESCキーやデリートキーの操作をしています。

iOSデバイスの明るさ・音量調整が、キーボードから行える

「fnキー + 上部の数字キー」を使うことで、キーボードからiOSデバイスの各種操作が行えます。

fnキーで出来ること
  • 明るさ調整
  • 音量調整
  • 音楽再生・停止
  • 曲送り・曲戻し
  • スクリーンショット撮影
  • 画面ロック

キーボードから手を離さずに操作できるのは、かなり便利。

ほかのiPad mini用キーボード候補

iPad miniに合わせるなら、なるべく軽量コンパクトなキーボードがいいな〜と思っていろいろ探しました。

今回は「IC-BK26」を購入しましたが、迷ったほかの候補も記載しておきます。

Apple純正キーボード「Magic Keyboard」

実はApple純正キーボード「Magic Keyboard」は、239gとかなり軽いです。打鍵感も申し分ないでしょう。

ただし充電ポートがLightningですけどね! iPad miniでさえUSB-Cになったのに、キーボードがLightningって……。まあバッテリーがけっこう長持ちなので、充電する頻度は少ないのがせめてもの救いでしょうか。価格は約10,800円。

Amazon
楽天
Apple公式サイト

ロジクール製キーボード「MX Keys Mini」

ロジクール製の「MX Keys Mini」も良さそうです。USB-Cケーブルで充電できるのも魅力。

ただし重量は506gと、やや重め。価格は13,860円。

Amazon
楽天
ロジクール公式サイト

iCleverの「IC-BK26」

iCleverの「IC-BK26」

今回紹介したiCleverの「IC-BK26」は、USB-Cケーブルで充電できて、重さは約183g。ただし、打鍵感および本体の質感は、残念ながらチープ。

価格は3,380円。僕が購入したときは、Amazonにて20%オフクーポン発行中で、2,704円で購入できました。

ちなみに記事執筆時点では700円オフクーポンが発行中でした。どうやらAmazonではクーポンがちょくちょく発行されているみたいなので、欲しい人は定期的にチェックしてみるといいかもしれません。

Amazon
楽天
iClever公式サイト

打鍵感に妥協できるなら、iCleverの「IC-BK26」

iCleverの「IC-BK26」とiPad mini
iCleverの「IC-BK26」とiPad mini

打鍵感や本体の質感については、チープさが否めないところがあります。ですが、外出先でテキスト作業(メール・チャット・メモ・簡単な資料作成)をするぐらいであれば、問題ないレベルでしょう。

何よりiPad mini(Wi-Fiモデル)と「IC-BK26」の組み合わせで、合計重量はたったの約476gです。500g以下で、タブレット端末と物理キーボードが持ち運べるって、けっこう良いのでは……!

ただし、がっつり長文を打つのであれば、「Magic Keyboard」を持ち運んだほうが幸せになれるかも。このあたりはご自身の用途に応じて、選ぶのがいいと思います!

iPad mini向けアクセサリー記事はこちらも

買い物前に。
Amazonギフト券チャージでポイント還元

Amazonギフト券チャージでポイントが還元されます。普通に買い物するよりもちょっとお得

■ポイント還元方法は、以下2パターン

  1. 通常会員&プライム会員「現金チャージ
    ちょっと面倒だけど還元率が高め
  2. プライム会員限定「クレジットカードでチャージ
    便利だけど還元率は低め

簡単に解説。

①還元率の高い現金チャージ
(クレカ使用不可)
Amazonギフト券現金チャージのポイント還元
  1. Amazonギフト券チャージタイプを現金で5,000円以上チャージ(クレジットカード不可)
  2. コンビニ・ネットバンキング・ATMのいずれかで支払う
  3. 通常会員は最大2%還元。プライム会員は最大2.5%還元。

Amazonギフト券「現金チャージ」はこちらから

②還元率低めだけど便利
クレジットカードチャージ
Amazonギフト券クレジットカードチャージのポイント還元

プライム会員限定です。

  1. Amazonギフト券チャージタイプ5,000円以上購入
  2. クレジットカードで支払う
  3. 0.5%還元(ギフト券5,000円分なら25ポイント返ってくる)

Amazonギフト券「クレジットカードチャージ」はこちらから

関連記事

目次
閉じる