記事内に広告を掲載している場合があります

記事内にアフィリエイト広告などの広告を掲載している場合があります。

メーカーから製品提供を受けている場合は、製品提供を受けている旨を明示します。またコンテンツ内容については指示や関与を受けず、当ブログ独自のコンテンツを制作しています。詳しくはレビューポリシーをご覧ください。

「uniAccessories 8in1 USB-Cハブ」レビュー。着脱可能なUSB-Cケーブルが特に便利そう

uniAccessories 8in1 USB-Cハブのレビュー記事
セール情報:2024/06/05 更新

uniAccessoriesさんから「8in1 USB-Cハブ」をご提供いただきました。

一般的なUSB-Cハブと少し異なり、シリコンケース付き & USB-Cケーブルが着脱可能といったところが特徴。

また安いわりにアルミの質感が良いです。MacBookのスペースグレイに合いそうな色もGOOD。

刺さる人がいそうなデバイスだったので、簡単に紹介します。

メリット
デメリット
  • 着脱可能なUSB-Cケーブル(珍しい)
  • シリコンケース付き(珍しい)
  • アルミの質感がいい
  • どちらかと言えば安価
  • USB-Cポートは1つだけ。しかもデータ転送非対応
  • HDMポートは4K30Hz
  • 耐久性はちょっと未知数

※本記事は製品提供で制作しています。

Contents
筆者情報(タップで開く)
アイコン

一生家で仕事したいです。気づいたら10年以上Macユーザー。

PC・デスクまわりをカッコいい書斎のようにしたい。

PCデスク周りはこちら

uniAccessories USB-C 8in1 ハブのデザイン

uniAccessories USB-C 8in1 ハブのデザイン

水色のシリコンケース付きで到着した、uniAccessories「USB-C 8in1 ハブ」。

シリコンケースもハブ本体のアルミ素材も、なかなか質感いいです。

ハブのポートは8個。使用頻度が高いポートはひと通り揃っています。

ポートは8個
  • USB-A×3
    • うち2ポートは転送速度5Gbps、1ポートは480Mbps
  • USB-C×1
    • PCへの100W充電対応・データ転送&映像非対応
  • HDMI×1
    • 4K30Hzまで
  • LANポート×1
    • 1000Mbps(1000BASE-T)
  • SD/microSDカードスロット
    • UHS-Iで読み書き最大104MB/s
uniAccessories USB-C 8in1 ハブの左側面
USB-A×2・SD/microSDカードスロット
uniAccessories USB-C 8in1 ハブの右側面
USB-C・HDMI・LAN・USB-A

サイズはクレジットカードよりちょっと大きいぐらい。

持ち運びやすいサイズ感。

uniAccessories USB-C 8in1 ハブのサイズ感

水色のシリコンケースを外すと、ちょうどクレジットカードぐらいのサイズです。

厚さは約1cm。

uniAccessories USB-C 8in1 ハブのサイズ感

重量は約121g。持ち運びにもちょうどいい軽さ。

uniAccessories USB-C 8in1 ハブの重量

uniAccessories USB-C 8in1 ハブのメリット・良いところ

メリット・良いところ
  • 着脱可能なUSB-Cケーブル(珍しい)
  • シリコンケース付き(珍しい)
  • どちらかと言えば安価

着脱可能なUSB-Cケーブル(珍しい)

USB-Cケーブルが着脱可能

USB-Cハブのケーブルが着脱可能なのは珍しいですね。

このケーブルの長さは約22cmと短いうえ、データ転送・充電・映像出力に対応しています。ハブのケーブルなので、単体で使っても結構強い。

例えば、モバイルバッテリーやポータブルSSDと接続したいときに便利です。ハブのスペックからして、このケーブルは充電最大100W、データ転送は5Gbpsまで対応しているはず。

映像出力もできますが、こんな短いケーブルでPCとモニターを繋ぐ機会はあまりないです笑

モバイルバッテリーで充電に使える
モバイルバッテリーで使える
ポータブルSSDでデータ転送に使える
ポータブルSSDでも使える

着脱できるということは、もっと長いケーブルに挿し替えることも可能ということ。

例えばすごく長いケーブルに差し替えて、配線をうまいこと隠しつつデスク周りに固定して使う、みたいなこともできるかも。

ただシリコンケース装着状態だと、ケースが邪魔になって頭が大きいUSB-Cケーブルは挿さらないかもしれないのでご注意を。L字ケーブルとかは刺さらないですね。ケースを外せばどんなケーブルでも挿さります。

シリコンケース着用時のUSB-Cポートは狭い
シリコンケースを外すとどんなケーブルでも挿さる

シリコンケース付き(珍しい)

uniAccessories USB-C 8in1 ハブはシリコンケース付き

この水色のシリコンケースは外せます(あとUSB-Cケーブルも外せる)。

シリコンケースを外すと角ばったデザインのUSB-Cハブがお目見え。

シリコンケースを外したときのデザイン・サイズ感

最近の角ばったMacBookやiPhoneとも相性が良さそうです(僕が持っているのは2020年発売の角ばっていないMacBook Airですが)。

また写真↓のMacBook Airの色はスペースグレイです。色合いも相性良さげ。まぁでもUSB-Cハブって大体こういう色ですけどね……。

uniAccessories USB-C 8in1 ハブは角ばったアルミデザイン

でもシリコンケースが付属している意味は正直良くわかりません笑。

角を保護できるぐらいでしょうか。あるいはデスクの上でピタッと止まるのはちょっと便利かも。

シリコンケースのおかげでデスク上でピタッと止まる
シリコンケースのおかげで机上でピタッと止まる

どちらかと言えば安価

8in1 USB-Cハブの中では、どちらかと言えば安価の4,999円。

Amazonセールのタイミングでもうちょっと安くなることがあります。

ほしい物リストに入れておけば、Amazonセールのタイミングで値下げチェックしやすいです。

uniAccessories USB-C 8in1 ハブの気になるところ

致命的なデメリットはありませんが、人によっては購入を見送る理由になるかもしれないポイントあり。

デメリット・気になるところ
  • USB-Cポートは1つだけ。しかもデータ転送非対応
  • HDMIポートは4K30Hzまでの出力
  • 耐久性はちょっと未知数

USB-Cポートは1つだけ。しかもデータ転送非対応

USB-Cポートは1つだけ
USB-Cポートは一番左のここだけ

USB-Cポートが1つしかないんですよね……。

一方でUSB-Aポートは3つもある。2個ずつぐらいのバランスで良かったかも。

USBポートの数
  • USB-C×1ポート
  • USB-A×3ポート

しかもこの唯一のUSB-Cポートの役割は、接続しているPC/タブレット/スマホの充電用ポート。つまり充電器やACアダプターから伸びているUSB-Cケーブルを、ハブのUSB-Cポートに挿してPCを充電するために使うわけです。

データ転送と映像出力には非対応。特にデータ転送非対応なのはちょっとつらいかも。ポータブルSSDを繋いでも認識しませんでした……。データを転送したかったら、USB-Aポートを使うしかないです。

HDMIポートは4K30Hzまでの出力

HDMIポートは4K30Hzまでの出力

HDMIは4K30hz出力まで。

4K60hzは出ません。フルHDなら60Hz出ます。

実際にHDMIケーブルで4Kモニターに接続し、「画面フレームレート(FPS)チェック」というサイトを利用して確認しました。使っているモニターは4K60Hz対応ですが、出力されているのは30Hzみたいですね。

画面フレームレート(FPS)チェック」の結果

テキスト系作業や画像編集など、それほど動きのない作業なら一応こなせはしますが……。

普段4K60Hzで使っているモニターを30hzで使うと、体感的にも若干カクつきを感じます。そのうえ目がちょっと疲れる印象も。

フルHDモニターなら問題ありませんが、4Kモニターユーザーはちょっと物足りないと感じるでしょう。

使っている4Kモニターはこちら

ちなみに、このUSB-Cハブで映像出力ができるのはHDMIポートだけです。

USB-Cポートは映像出力非対応。充電は100W対応です。

耐久性はちょっと未知数

USB-Cハブって「数ヶ月で使えなくなりました」みたいな声をときどき聞きます。

もちろんぶん投げたら壊れましたみたいな物理的な破損ではなく、内部的な故障で使えなくなることがあるみたいです。

まだ1週間ちょっとしか使っていないので、耐久性は未知数とさせてください。

uniAccessories USB-C 8in1 ハブの感想まとめ

uniAccessories USB-C 8in1 ハブの感想まとめ
メリット
デメリット
  • 着脱可能なUSB-Cケーブル(珍しい)
  • シリコンケース付き(珍しい)
  • アルミの質感がいい
  • どちらかと言えば安価
  • USB-Cポートは1つだけ。しかもデータ転送非対応
  • HDMポートは4K30Hz
  • 耐久性はちょっと未知数

特にUSB-Cケーブルが着脱可能なのは便利で実用的ですね。ケーブルを差し替えて使うと工夫の幅が広がるかも?

USB-Cポートの数やデータ転送の有無、HDMIポートが4K30Hzであることが気にならないなら検討してみてください。アルミの質感・デザインがいいので、なかなか所有欲を満たせそう。

uniAccessoriesのほかアクセサリーいろいろ

ほかにもケーブル類を中心にいろいろご提供いただいたので、合わせてご紹介。

(ケーブルだけで記事1本書くのはなかなか難しいので……)

uniAccessoriesのケーブル類いろいろ

uniAccessoriesのケーブルは、ほぼすべてナイロンケーブル。

触ってみると非常にしっかりしていて、耐久性が高そうです。

uniAccessoriesの各種ケーブル

ただし、しなやかさはありません。結構硬め。

取り回しはそれほど良くないので、持ち運び用ではなく、デスク周りに固定して繋ぎっぱなし、みたいな用途が向いてそうです。

uniAccessoriesのUSB-Cケーブル

あと安いのも魅力。

基本的にセールを狙えば1,000円以下ぐらいになるっぽいので、ほしい物リストなどに入れてチェックしておくのがいいかも。

ご提供いただいたケーブルは以下。

USB-C to HDMIケーブル

100W充電対応のUSB-Cケーブル

USB-CをHDMIに変換するアダプタ

uniAccessories 8in1 USB-Cハブのレビュー記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!
Contents