NuAns「FLIPBOX(フリップボックス)」レビュー:シンプル & 重ねて使える、アイデアが光る収納ボックス

NuAns FLIPBOXのレビュー記事

ただの箱じゃない。シンプルだけどしっかり考えられている一品。

NuAns(ニュアンス)というブランドから販売されている収納ボックス「FLIPBOX(フリップボックス)」をご提供いただいたので紹介します。

収納ボックスなんて何でも同じかと思いきや、意外とそんなことないのですね。「FLIPBOX」はシンプルなデザインと、重ねても使いやすい利便性を兼ね備えた収納ボックスでした。

FLIPBOXの主な特徴
  • シンプルなデザイン
  • 重ねても中身を取り出せる
NuAns FLIPBOXのフタを開ける

小物やガジェットを収納しやすく取り出しやすい。インテリアに馴染むので、置き場所にも困らない。とても使い勝手の良い収納ボックスです。

どう使う?何を入れる?といったところも何となくイメージできるように記載したので、ぜひご覧ください。

※本記事は製品提供で制作しています。

目次

NuAns「FLIPBOX(フリップボックス)」のシンプルなデザイン

こちらが「FLIPBOX」。

外観は、ファブリックと樹脂の組み合わせ。シンプルで落ち着いた風合いなので、ワークスペース・リビング・寝室など、置く場所を選ばないのがいい感じです。デザインめっちゃいい。

NuAns FLIPBOXを2個並べたところ

インテリア性が高いので、部屋にそのまま置いても違和感ないでしょう。見せる収納ができます。

インテリア性の高さ

前面がこのように上に開き……

前面を開けたところ

そのままガバッと開きます。フタでも引き出しでもない、珍しい開閉スタイルの収納ボックス。

大きめのガジェットも収納できますし、何より出し入れしやすいのがいい。

NuAns FLIPBOXのフタを全開にする

試しに、GoPro本体や関連アクセサリーをまとめてみました。こんな感じで収納できます。

GoProなどの小物を収納

サイズはこちら。

高さ145mm
210mm
奥行き265mm
公式サイトより引用

とりあえず駆け足で大まかなデザインを見てもらいました。ただこれだけだと、普通の収納ボックスと大差ないように見えてしまうかもしれません。

使っているところをイメージしてもらったほうが良さが伝わる製品だと思うので、ここからはFLIPBOXの具体的な使用イメージを書いてみます。

NuAns「FLIPBOX」の使用イメージ

「FLIPBOXはこんな感じで使えそうですよ」というのをイメージしてもらえるような例といくつか挙げました。

  1. 重ねても取り出せる
  2. 高いところに置いても出し入れしやすい
  3. ガバっと開くと取り出しやすい
  4. 奥行きがちょうどいい
  5. デスクの上にも置けるデザイン性とサイズ感

使用イメージ①:重ねても取り出せる

まず重ねて使用可能です。で、ここから……

NuAns FLIPBOXを2個重ねたところ

重ねても、下にあるFLIPBOXの中身を取り出せる構造です。

わざわざ上のボックスを移動させなくていいのがラク。

下のボックスを開ける

使用イメージ②:高いところに置いても出し入れしやすい

高いところの棚に置いても、中身を出し入れしやすいです。

例えばこちらは、IKEAの超定番でロングセラーの棚「BILLY(ビリー)」。高さが202cmあるので、一番上の棚に普通の収納ボックスを置くと、出し入れがちょっと面倒なのですが。

FLIPBOXの場合だと……

NuAns FLIPBOXを高いところに置く

フタを開けて……

前面だけ開ける

手を入れて……

手を入れて中身を取り出す

中身を取り出せます。

片手で簡単に取り出せる

フタ付きの収納ボックスだと、本体を一度下ろす必要がありそうです。引き出しタイプの収納ボックスなら、引き出しをすべて引っ張り出すことになりそう。

FLIPBOXなら、手が届きづらい上のほうの棚も有効活用できそうです。

使用イメージ③:ガバっと開くから取り出しやすい

冒頭でお伝えしたようにフタはガバっと開くので、低い場所に置くのも大いにアリですね。

とにかく中身を出し入れしやすくてストレスフリー。

中身を出し入れしやすい

使用イメージ④:奥行きがちょうどいい

FLIPBOXの奥行きは「265mm(26.5cm)」。

IKEA・無印良品・ニトリなどの「棚・本棚・三段ボックス」って、奥行きが大体27〜28cmぐらいのものが多いように思います。

例えばIKEAの棚「BILLY(ビリー)」は奥行き28cmなので、FLIPBOXが気持ちいいほどピッタリ収まります

棚にピッタリ収まる

こちらは、どこかのホームセンター(どこだか完全に忘れた)で購入した三段ボックス。奥行きピッタリで収まりました。

三段ボックスにピッタリ収まる

こちらは本棚。どこで購入したか完全に忘れましたが、よくある本棚です。

奥行きほぼピッタリ。とにかく収まりがいい。

本棚にピッタリ収まる

上に棚板があっても中身を出し入れできるのが良いですね。

上に棚板があっても開閉できる

みなさんも家にある棚・三段ボックス・本棚等の奥行きを測ってみてください。もし27〜28cmぐらいであれば、FLIPBOXがほぼピッタリ収まります

使用イメージ⑤:デスクの上にも置けるデザイン性とサイズ感

シンプルなデザインなので、どこに置いても馴染みます。デスクの上に置いても、ノイズがない見た目のおかげで仕事の邪魔になりません。

ヘッドホン・イヤホン・文房具・ポータブルSSD・各種ケーブルなどなど、デスク周りの小物収納にも最適。

デスクの上に置いてもノイズにならない

またサイズ感も絶妙です。

こちらは幅140・奥行き70mの天板に置いたところ。FLIPBOXは大きすぎず小さすぎず、デスク上の小物をしっかり収納しつつも圧迫感がありません。

絶妙なサイズ感

僕はデスクにPS4を置いていて、仕事中にコントローラーとヘッドホンが見えると気が散るので、ここに収納しようかなと思っています(笑)

ゲーム用品の目隠しに

というわけで、FLIPBOXの使用イメージを再度まとめるとこんな感じ。

  1. 重ねても取り出せる
  2. 高いところに置いても出し入れしやすい
  3. ガバっと開くと取り出しやすい
  4. 奥行きがちょうどいい
  5. デスクの上にも置けるデザイン性とサイズ感

置き場所も収納する物も自由度が高いというか、さまざまな場面で柔軟に活躍する収納ボックスでした。

NuAns FLIPBOXの細部を見てみる

とりあえず大まかなデザイン使用イメージで、FLIPBOXの特徴が伝わったはず……! 収納ボックスなんて何でも同じでしょ?という先入観が少しでも無くなっていればと思います。

ここからはFLIPBOXの細部について、もう少し詳しく見てみます。購入を悩んでいる人はぜひご覧ください。

外箱から見てみる

ざっくりと外箱からどうぞ。

NuAns FLIPBOXの外箱
NuAns FLIPBOXの外箱

こんな感じで入っていました。

通販で購入すると、外箱がプチプチの緩衝で覆われ、ダンボール箱に入った状態で届くのでご安心を。

梱包状態

ここにNuAnsのタグがある

「NuAns」のブランドタグがあります。

ブランドタグの場所

ロゴがかわいい。ここをつまむとフタを開きやすいです。

NuAnsのタグ

素材感

フタから底面にかけて、ファブリック素材でぐるっと覆われている構造。

ファブリック素材で覆われている

側面の黒いところは樹脂。

スタッキングを念頭に置いているので非常に頑丈です。耐久性も高そう。

側面は樹脂製

内側の底面はファブリック素材。

フカフカではありませんが、樹脂よりはガジェットが傷付きにくいでしょう。

内側の底面はファブリック素材

フタはマグネット内蔵。しっかり閉まる

このあたりにマグネットが内蔵されています。

内蔵マグネットの位置

フタを閉じると、マグネットがピタッとくっつきます。フタが閉まらずパタパタする、みたいなことはありません。

フタはマグネットでピタッとくっつく

内寸を測ってみた(素人採寸)

内寸を計測してみました(多少の誤差があったらごめん!)。

公式サイトに記載されている外寸と合わせてどうぞ。

高さ(外寸)145mm
高さ(内寸)140mm
(外寸)210mm
(内寸)200mm
奥行き(外寸)265mm
奥行き(内寸)250mm
NuAns FLIPBOXの内寸

またフタを前面だけ開けたときの、入り口の寸法はこんな感じでした。

170mm
高さ120mm
前面開閉口の内寸

収納力のイメージはこんな感じ

寸法を見てもなかなかイメージしづらいと思うので、身近なものをいくつか入れてみました。

例えばB5のクリアファイルを入れてみると、こんな感じです。縦・横どちらでも収まりません。

B5クリアファイルは入らない

B5のルーズリーフもギリギリ入らず。A4サイズは完全に入りません。

B5ルーズリーフは入らない

Apple純正キーボード(テンキーレスのフルサイズキーボード)を入れると、これぐらいはみ出します。

フルサイズキーボードは入らない

ヘッドホンとiPad miniなら収まりました。

ヘッドホンとiPad miniは入る

例えば、デジタル一眼カメラ(CANONのEOS 70DというAPS-Cカメラ)に、標準ズームレンズ(EF24-105mm F4L IS II US)を装着した状態で置いてみると、こんな感じ。

デジタル一眼カメラは入る

GoPro(アクションカメラ)のような小物であれば、アクセサリー類を含めてしっかり収納できる印象です。

NuAns FLIPBOXに小物を収納

見える場所に置いてもノイズにならず、開閉しやすい収納ボックスなので、基本的にはよく使う小物の収納ボックスとして使うのが良さそうですね。

イヤホンや文房具、ゲームの周辺機器、カメラ用品(ブロアーやミニ三脚、フィルターとか)などなど……、よく使う身近な小物をスッキリ収納できます。個人的にはGoProと関連アクセサリーの収納にうってつけでした。

カラーラインナップは3色

3色展開です。

  • キャンバスホワイト
  • キャンバスブラック
  • キャンバスサフラン

今回はキャンバスホワイト(実際はライトグレーに近いかも)と、キャンバスブラック(実際はブラウンに近いかも)をご提供いただきました。

カラーラインナップについて
左:キャンバスホワイト
右:キャンバスブラック

キャンバスサフラン(黄色)もビビットな発色で、正直惹かれましたね(笑)。インテリアのアクセントとしても良さそうです。

全3色のラインナップ
画像出典:公式サイト

NuAns FLIPBOX(フリップボックス)まとめ

NuAns FLIPBOXの使用例
開閉しやすいフタ

というわけで、最後に「良いところ・購入前に知っておきたいところ」を改めてまとめます。

良いところ

  • シンプルなデザイン
  • 中身を取り出しやすい
  • 重ねても取り出せる
  • 奥行き/サイズ感がいい

購入前に知っておきたいところ

  • 価格は少し高めかも
  • 大容量の収納ではない

価格は少し高め(税込4,055円)かもしれませんが、収納ボックスって頻繁に買い換えるような消耗品ではなく、一度購入したら長期間使うものですよね。めったなことでは壊れませんし(スタッキングを念頭に置いているので実際かなり頑丈)、長い目で見ればそれほど高いわけでもないのかな?と思います。

使い勝手が良く、シンプルながらアイデアが光る収納ボックスです。

関連記事:無印良品のダンボール収納箱も

NuAns FLIPBOXのレビュー記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

書斎あるいは母艦とも言えるような、カッコいいデスク環境を構築するのが趣味。Webメディア編集者・ライター・ブロガー。旅も好き。

詳しいプロフィールはこちら

目次
閉じる