macOS Mojaveの「連携カメラ」便利すぎ。iPhoneの写真を瞬時に転送できる

Mac

macOS Mojaveの新機能「連携カメラ」をご存知でしょうか。めちゃくちゃ便利です。

一言でいうとiPhoneで撮った写真をMacへと転送する機能のこと。

それならAirDropがあるし、ケーブルで繋いで転送してもいいじゃんと思うかもしれませんが、それよりも爆速なのがウリ。マジで写真を瞬時に転送できます。

「連携カメラ」機能の使い方

さっそく使い方の説明。MacとiPhone(もしくはiPad)を用意します。

MacのデスクトップやWord等のエディタ上で右クリックすると、「iPhoneまたはiPadから読み込む」という項目が出てきます。そのなかの「写真を撮る」をクリック。

Macの連携カメラの操作

するとiPhoneのカメラが自動的に起動。

Macに転送したい写真、もしくはWord等のエディタに挿入したい写真を撮影します。

iPhoneで連携カメラを使っているところ

撮影したら右下に表示される「写真を使用」をタップ。

連携カメラ機能でiPhoneからMacに写真を転送

すると……その写真が瞬時にMacへ転送されました。

最初にMac上で「写真を撮る」をクリックした場所がデスクトップ上ならば、写真はデスクトップに保存されています

最初にMac上で「写真を撮る」をクリックした場所がWord等エディタ上ならば、エディタに直接挿入されます

転送した写真
▲Macに転送された写真

このようにiPhoneのカメラ起動→写真をMacに転送まで素早くシームレスに行える「連携カメラ」。

Apple製品らしい連携を体験できる、いい機能だと思います。知っておいて損はないはず。

スキャンしてPDFで取り込むのも一発

写真や文書をPDFとして取り込むこともできます。同様に一瞬で。

最初の項目で、今度は「書類をスキャン」をクリックします。

連携カメラで書類をスキャン

するとiPhoneのカメラが自動的に起動。

そのまま書類を撮影すればスキャンできます。

iPhoneで書類をスキャン

右下の「保存」をタップすれば、Mac上にpdfが転送されました。

連携カメラでスキャンした書類

というわけで、書類をPDF化してMacに取り込むのも非常に簡単。

一応、「連携カメラ」の注意点なども

かなり褒めましたが、知っておいたほうがいい注意点もあります。

まず転送された写真のサイズは、どうやら強制的に「1920×1440」になる様子。

また転送した写真はカメラロールに保存されません。ここも一応ご注意を。

連携カメラで保存した写真のサイズ
▲強制的に1920×1440になる

まぁたいていはブログや資料用として、ここから小さくリサイズする人が多いと思うので「1920×1440」でも問題なさそうな気がします。

もしもこれより大きな写真が必要な場合は、AirDropかケーブル転送を利用したほうが良さそう。ちなみにAirDropだと「4032×3024」で転送できます

AirDropで保存した写真のサイズ
▲AirDropだと4032×3024で転送される

連携カメラの仕組み

最後に「連携カメラ」の仕組みについて。

Appleサポートによると利用条件は、両端末でWi-FiとBluetoothがオンになっており、なおかつ2ファクタ認証が有効になっている同一のApple IDでiCloudにサインインしていること端末が近くにあることだそう。

あとMacは”macOS Mojave”、iOSデバイスは”iOS 12”以上を使っていること。

iPhoneのコントロールセンター

同一Apple IDが必要なのでカフェや職場等、同じWi-Fiに接続している他人のiPhoneから勝手に写真が送られてくるなんてことはなさそう。

最近では電車内で見知らぬ他人からAirDropで変な画像が送られてくる、なんてこともあるようですが、「連携カメラ」はそのようなことなく安心して使えると思います。

MacとiPhone/iPad間で写真を転送するとき、非常に便利な機能。Appleらしい便利な連携だと思います。