記事内に広告を掲載している場合があります

記事内にアフィリエイト広告などの広告を掲載している場合があります。

メーカーから製品提供を受けている場合は、製品提供を受けている旨を明示します。またコンテンツ内容については指示や関与を受けず、当ブログ独自のコンテンツを制作しています。詳しくはレビューポリシーをご覧ください。

フィリップス「ソニックケアー」がそのままでは合わなかった理由。ブラシがでかい

ソニックケアーの替えブラシの話
セール情報:2024/06/05 更新

人気も知名度もある電動歯ブラシ、フィリップスの「ソニックケアー イージークリーン」を購入しました。

ソニックケアーは、さまざまなラインナップが用意されています。

なかもで「イージークリーン」は、シンプルかつベーシックな機能を備えたうえで価格を抑えた、電動歯ブラシ入門者向け。最初に手に取りやすい製品だと思います。

フィリップスのソニックケアー イージークリーン

僕も初めての電動歯ブラシとして購入したのですが……、付属のブラシがちょっと大きすぎました

大きすぎて歯磨きが大変でした(※僕の口が小さい可能性もあると思います)。

なので、小さなサイズの互換ブラシを購入しました、という話です。

購入したのはAmazon限定のソニックケアー

小さなサイズの互換ブラシ

Contents
筆者情報(タップで開く)
アイコン

一生家で仕事したいです。気づいたら10年以上Macユーザー。

PC・デスクまわりをカッコいい書斎のようにしたい。

PCデスク周りはこちら

フィリップス「ソニックケアー」のブラシのサイズ

フィリップス「ソニックケアー イージークリーン」に付属していたブラシがこちら。

おおよそのサイズは、長さ2.5×高さ1.5×幅1cm。けっこうデカイ気がしますが、どうでしょうか?

ソニックケアー付属ブラシのサイズ

普段小さめの歯ブラシを使っている人は、ソニックケアー購入前にサイズを比較したほうがいいかもしれません。

ちなみに僕がこれまで使っていた普通の歯ブラシは、LIONの「システマ しっかり毛腰 薄型 超コンパクト」。

この超コンパクトサイズが磨きやすいので、たぶん口(というかアゴ?)が小さいのだと思います……。

LIONの「システマ しっかり毛腰 薄型 超コンパクト」

ソニックケアー付属ブラシと比較すると、これぐらい差があります。

上がLION システマの超コンパクト歯ブラシ、下がソニックケアー付属ブラシ。

歯ブラシのサイズ比較

フィリップスはオランダの企業なので、大柄な体格・口が大きい人向けのブラシが付属しているのかもしれませんね。真偽のほどは不明ですけど。

念のために言っておきたいのは、決してソニックケアーがダメだという話ではありません。ソニックケアーをディスる内容ではありません。

ソニックケアーは非常に評価が高く、おそらくいい製品なのだと思いますが、個人的にはブラシが大きすぎて合いませんでした、という体験談です。口の大きさは人それぞれ。

ソニックケアーと互換性のある替えブラシを購入

付属ブラシが大きすぎたので、替えブラシを購入。

フィリップス純正替えブラシは価格が高いので、BRUSHMO(ブラシモ)という非純正メーカーの「ソニッケアー 替ブラシ 対応 ダイヤモンドクリーン ミニ」を買いました。こちらは安い。

BRUSHMOの替えブラシ

1本ずつ取り出せるようになっていました。保管しやすそう。

梱包状態

ブラシ部分を保護するケース付き。

BRUSHMOの替えブラシ

純正ブラシとのサイズ比較です。

上が非純正の替えブラシ、下がソニックケアー付属ブラシ。

純正ブラシと非純正ブラシのサイズ比較

ソニックケアーに装着すると、こうなります。

動作も問題なし。ちゃんと電動歯ブラシらしい動きで、歯磨きできます。

ソニックケアーの替えブラシの話
非純正ブラシを付けたソニックケアー

やはり、これぐらいのコンパクトサイズのほうが磨きやすいです。

この非純正替えブラシは、8本入りで約1,700円。1本あたり約212円ですね。

非純正のコンパクトな替えブラシ

ちなみにフィリップス純正替えブラシは、3本入りで約2,100〜4,100円ぐらいです。かなり高い。

でも純正品は安心感がある気がします。価格を取るか、安心感を取るか。

純正の替えブラシだと、これがコンパクト

奥歯をしっかり磨くなら、無印良品「ポリプロピレン歯ブラシ コンパクトヘッド」

ちなみに、歯ブラシが大きくて奥歯が磨きづらいと感じている人には、無印良品の「ポリプロピレン歯ブラシ コンパクトヘッド」がオススメ。

非常にコンパクトな歯ブラシです。

無印良品の「ポリプロピレン歯ブラシ コンパクトヘッド」
無印良品の「ポリプロピレン歯ブラシ コンパクトヘッド」がオススメ。

ブラシのサイズは、0.9〜1cmぐらい。

価格は250円。

無印良品の「ポリプロピレン歯ブラシ コンパクトヘッド」の先端部分

実は数年前、歯医者に行ったら奥歯に虫歯が見つかりまして。ちょっとショックでした。

子どもの頃から虫歯はめったにできない体質だったので(虫歯って体質によってなりやすい/なりにくいがあるみたいですね)、油断していたのかもしれません。軽度の虫歯だったので、すぐに治ったのは不幸中の幸い。

それ以来、奥歯をしっかり磨くために、この歯ブラシを使っています。奥歯が磨きづらいと感じている人にオススメ。すごくいい歯ブラシです。

ポリプロピレン歯ブラシ コンパクトヘッド | 無印良品

ちなみに、この記事で紹介した4つの歯ブラシを並べてみました。

結構サイズが違うことがわかるかと思います。上から順に、こんな感じ。

  1. 無印良品「ポリプロピレン歯ブラシ コンパクトヘッド
  2. LIONシステマ しっかり毛腰 薄型 超コンパクト
  3. BRUSHMO(ブラシモ)「ソニッケアー 替ブラシ 対応 ダイヤモンドクリーン ミニ
  4. フィリップス「ソニックケアー イージークリーン」付属ブラシ
歯ブラシのヘッドのサイズ比較

替えブラシで「ソニックケアー」が使いやすくなるかも

フィリップス「ソニックケアー」の純正ブラシと替えブラシ

「ソニックケアー」って、Amazonのセール中は値下げ対象になりやすく、いろんなメディア・ブロガー・YouTuberが紹介しているイメージがあります。

ソニックケアー自体は良いものだと思いますが、もし付属ブラシが大きいと思ったら、コンパクトなものに交換するのがおすすめです。

無印良品:ポリプロピレン歯ブラシ コンパクトヘッド

ソニックケアーの替えブラシの話

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら!
  • URLをコピーしました!
Contents